夫反対も主婦→起業 壁があっても、挫折ととらえず関西経済同友会代表幹事 生駒京子さん(折れないキャリア)

2021/5/31

5月、関西経済同友会の代表幹事に就任した。女性の就任は寺田千代乃氏(アートコーポレーション名誉会長)以来約20年ぶり。自身を「必殺仕事人で遊び人」と称し「これまでの人生で挫折を感じたことはない」と言い切る。

いこま・きょうこ 大阪電気通信大卒。1994年プロアシスト設立。2021年5月から関西経済同友会代表幹事

大学卒業後、エンジニアとして10年超働いた。男女雇用機会均等法もない時代からだ。出向先では男性より30分早く出社し、灰皿の掃除をするのが決まりだった。理不尽ですね、と水を向けると「たばこの吸い方でその人の癖が分かる。フロア全体を把握できる有意義な時間だった」。超ポジティブ思考なのだ。

主婦として過ごしていた頃、バブル崩壊に直面。企業の倒産など暗いニュースがあふれる中「私でも何か役に立てるのでは」と、企業の研究開発(R&D)支援で起業を思い立った。

だが夫の反対に遭う。めげずに話を持ちかけると「好きにせい」と机を強くたたかれた。憤る夫の手をつかみ「ありがとうございます、好きにさせていただきます」と返した。1994年に制御機器などを開発するプロアシスト(大阪市)を設立。その後5年間、夫に仕事の話はしなかった。

次のページ
クレームへの謝罪時も手ぶらで帰らず