ヤングケアラー支えたい 交流の場づくり、経験者動く

病気や障害のある家族に代わって、料理、買い物、掃除や洗濯などの家事を引き受ける子供もいる。写真はイメージ=PIXTA
病気や障害のある家族に代わって、料理、買い物、掃除や洗濯などの家事を引き受ける子供もいる。写真はイメージ=PIXTA

家族の介護や世話を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」を周囲がどう支援するかが課題となっている。新型コロナウイルス禍もあって心身の負担はさらに重くなっているとみられる。ヤングケアラーだった人、現場で支援に携わる人に実情や悩みを聞いた。

「母の表情が暗くなり、仕事もやめてふさぎ込むようになった。私が母のサポートを引き受けるしかなかった」。こう話すのは坂本拓さん(30)。中学2年生で母がうつ病とパニック障害を発症。「誰にも相談できなかった」と振り返る。

厚生労働、文部科学両省が4月に公表したヤングケアラーの実態調査では中学2年生の5.7%、全日制高校2年生の4.1%が家族の世話をしていると回答。うち高2でほぼ毎日世話するのが47.6%。1日平均3.8時間を費やし、7時間以上も1割を超す。

ヤングケアラーに関する著書がある成蹊大学の渋谷智子教授は「子どもたちの負担が増す前に気づいてあげたい」と語る。

どう接点を持つか。支援する側は模索する。新潟県南魚沼市内の小学校などでは子どもや保護者からの悩みを聞く「だんぼの部屋」を開設。相談相手は主に卒業した子の保護者たちで、遅刻しがちな子に朝の家庭訪問などきめ細かく対応する。子どもから家族の話が出る機会も多いという。

こうした活動は発見のきっかけになる。学校の取り組みを手助けするスクールソーシャルワーカーの長田美智留さんは「子どもに家族のことを聞くチャンスは見逃さない」と強調する。

ただ国の調査で家族の世話について相談した経験があると答えたのは中2、高2とも2割程度。「誰かに相談するほどではない」「相談しても状況が変わるとは思わない」といった声も聞かれる。世話が日常となり、知らずに無理を重ねているのかもしれない。

次のページ
当事者の思い 発信を
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント