評価額6億円 福井高専、AI×打音で老朽インフラ点検高専DCON観戦記(上)

最優秀賞を獲得した福井高専(4月17日、都内で開いた高専DCONの表彰式)
最優秀賞を獲得した福井高専(4月17日、都内で開いた高専DCONの表彰式)

「企業評価額は(これまでの)記録超え、6億円です」。4月17日、東京都内。高専生を対象にしたアイデアコンテスト「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2021」(高専DCON)の表彰式で、司会者による最優秀賞のチームの発表に会場がどよめいた。高専生の持つ技術とディープラーニングを組み合わせ、新たなビジネスモデルを競う高専DCON。その奮闘の模様を2回に分けて紹介する。

「プレ大会、第1回と素晴らしいアイデアが出てきて着実に成果が出ている。今年も楽しみにしたい」。実行委員長で東京大学大学院の松尾豊教授はこう冒頭であいさつし、DCONは開幕した。出場メンバーの中にはプレ大会から3年連続して本選まで歩んできた学生の姿もあった。

DCONは日本ディープラーニング協会が主催。出場高専は5分間のプレゼンテーションの後、5人の著名なベンチャー・キャピタリストから質問を受ける。事業の見通しや市場、技術についての厳しい質問が飛ぶ。最優秀チームには起業資金として100万円が贈られる。

新型コロナウイルス対策のため、20年に続いて今回も、高専と東京の会場をリモートで結んでの開催となった。事実上の無観客とはいえ、協賛企業などの関係者は会場の壇上にある大きなスクリーンが映し出す高専生の奮闘ぶりを真剣に見守っていた。

冒頭の松尾氏の期待通り、高専生たちによって練られた優秀なプランが続々と発表され、その中で最優秀賞を受賞したのは、福井工業高等専門学校のプログラミング研究会。打音検査によるインフラ設備の点検システム「D―ON」を開発した。企業評価額は6億円で、前回大会の最優秀賞の5億円を上回った。

そのプレゼンは見事だった。

「経営理念」という言葉、起業に意欲

「私たちの経営理念は、全ての老朽化から人の命を守ることです」。すでに「経営」という言葉を使い、起業への意欲もうかがえた。

D―ONはトンネルや建物などのインフラ設備の点検に人工知能(AI)を応用するもので、構造物をハンマーでたたいて異常を検知する打音検査にディープラーニングを融合。コンクリートのヒビなどの異常を検査する。

発表は電子情報工学科4年の前川蒼さんと小川大翔さんの2人が担当した。開発のきっかけは学校の設備でコンクリートが剥落していたことだ。前川さんは「なぜ剥落する前に気づけなかったのだろう」とプレゼンでも語っていた。チームはアイデアを練って地元の建築会社や木材の専門家にヒアリングをした際に「人の命を守る大事なアイデアだ」と言われ、開発を進める決意を固めた。

仕組みはこうだ。打音検査に使うハンマーに、SDカードを入れたマイコンを取り付ける。ハンマーには加速度センサーが組み込まれており、たたく寸前から録音が始まる。ハンマーで対象物をたたいて打音データを集め、マイコンに入っているSDカードをパソコンに移す。パソコンのアプリにデータをアップロードし、AIを搭載し学習・推論させるエッジAIと、取得したデータをネットワークを通して、サーバーなどに送信し、学習させるクラウドAIをうまく融合させた。

次のページ
市場調査も徹底
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束