頼れる感染エキスパート看護師 全国3千人、養成急務

新型コロナウイルス感染症の流行では医療機関や福祉施設の院内感染対策の重要性が再認識された。その中で脚光を浴びたのが感染制御の専門知識・技術を有する「感染管理認定看護師」だ。頻発したクラスター(感染者集団)の封じ込めなどで活躍したが、日本ではまだまだ少なく、養成が急務となっている。

防護具を身につけるとちのみ学園(栃木県佐野市)の職員=同学園提供

栃木県看護協会の野沢寿美子さん(48)は1月11日、県からの要請でクラスターが発生した障害者施設「とちのみ学園」(同県佐野市)の応援に入った。野沢さんは日本看護協会が感染症対策のエキスパートと認める感染管理認定看護師の1人だ。

同学園では7日に初めて入所者の感染が確認されて以降、瞬く間に入所者や職員に感染が広がった。県内は当時、病床不足が深刻で、感染した入所者は施設内で療養するよう県から要請されていた。

現場に入った野沢さんに職員がまず訴えたのが刻一刻と状況が変化する現場に入ることへの不安だった。情報共有の仕組みがなく誰が発症しているか十分に把握しないまま入居者のケアに当たっていた。そこで会議室にホワイトボードを設置して特にケアが必要な入所者やその日の作業スケジュールなどを書き込み、全員で共有できるようにした。

ウイルスに汚染されている恐れがある「感染地域」と、ウイルスがない清潔な状態を保つ「非感染区域」の区別(ゾーニング)も徹底されていなかった。「非感染区域」の職員に声をかけようと、防護服を着たまま「感染区域」から出ようとする職員の姿もみられた。野沢さんは勉強会を開いてゾーニングを徹底するための順守事項を教えていった。

感染区域に入る職員がサンダルを履いていた点にも注目した。入居者の部屋が和室で靴を頻繁に脱ぎ履きする必要があったためだが、靴下にウイルスが付着して非感染区域に拡散するリスクがある。靴のまま部屋に上がるよう指導した。

改善にあたっては現場の意見にも耳を傾けた。ゾーニングの見直しでは職員の負担をなるべく増やさないよう配慮した。野沢さんは「厳しくしようと思えばいくらでもできるがルールを守れなかったら意味がない」と話す。

同学園の高沢茂夫施設長(71)は「感染管理のためにどう動けばいいかが明確になって仕事の流れがスムーズになった」と話す。最終的に入所者や職員135人中53人が感染したが、感染者は27日を最後に出ず、わずか3週間で鎮圧にめどをつけた。「短期間で収束できたのは早い段階で野沢さんに入ってもらったからだ」と感謝する。

厚生労働省によると、3月15日時点のクラスター発生件数は全国で5491件に達する。半分近くの2464件を医療機関や福祉施設が占める。野沢さんは感染管理認定看護師として同県で感染が拡大した昨年12月~今年1月、同学園以外にも6カ所の医療機関や福祉施設などでクラスター対策にあたった。

次のページ
甘い備え露呈 検査態勢も遅れ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント