ショーイチ「カラーズ」 アパレル在庫を格安販売

日経MJ

2021/2/17
「カラーズ神戸南店」ではカラフルな値札の付いた商品は毎週水曜日に値段が下がる(神戸市)
「カラーズ神戸南店」ではカラフルな値札の付いた商品は毎週水曜日に値段が下がる(神戸市)

服の在庫処分サービスを展開するshoichi(ショーイチ、大阪市)は2020年10月、「カラーズ神戸南店」(神戸市)を開業した。カラーズはアパレル企業から買い取った在庫品を、定価より大幅に安い価格で販売する。消費者の節約志向を取り込むだけでなく、在庫を廃棄せずに販売する仕組みはアパレル業界が抱える過剰在庫問題に一石を投じている。




「100円」「500円」などの新品が並ぶ店内、毎週値下げも

イオンモール神戸南の1階。アパレル店が立ち並ぶ一画に店を構える。カラフルなロゴと「超お得」というポップがひときわ目を引く店内には、「100円」「500円」など、価格ごとにずらりと服が並ぶ。

新品が定価より安いことから「値段の割に生地が良い」とコストパフォーマンスを重視する顧客から人気だ。顧客の主な年齢層は40~70代で親子連れも多いという。店舗開発マネージャーの岡本理恵子氏は「オープンの日はレジ待ちが2時間で、1カ月ほどにぎわった状態が続いた」と話す。

ユニークなのが毎週水曜日に価格が下がるシステムだ。カラフルな値札が付いた一部商品は毎週200~300円ずつ値下げされる。例えば、最初は2000円だった商品でも8週間たつと100円になる。「偵察のため火曜日に来店し、水曜日の午前中に購入する顧客もいる」(岡本氏)

次のページ
過剰在庫を買い取り 海外でも販売
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram