N
くらし&ハウス
暮らしの知恵

まるで本物の迫力 デジタルモータースポーツに参戦

2021/2/13

暮らしの知恵

体験型テーマパーク「カンドゥー」にある運転シミュレーターで試乗体験できる(千葉市)
体験型テーマパーク「カンドゥー」にある運転シミュレーターで試乗体験できる(千葉市)

ネットを介して自動車レースをするデジタルモータースポーツが人気だ。毎週、ネット上で大会が開かれ、世界的な大会で優勝する日本人プレーヤーも。どんな醍醐味(だいごみ)があるのか。

2月13日は東京都が主催する「東京eスポーツフェスタ2021」のレース大会決勝日。予選会を1位通過した宮園拓真さんに2月上旬に話を聞けた。「出るからには優勝したい」と意気込む。

大学3年生の宮園さんは4歳のころから家庭用ゲーム機のレースゲーム「グランツーリスモ」に親しみ、3年前からネットの大会で腕試しをするようになった。FIA(国際自動車連盟)公認の世界選手権で20年は個人戦とチーム戦で2冠を取るなど、トップ級のプレーヤーだ。「ゲームだからお金がそれほどかからない。誰もが楽しめるのが魅力」と宮園さんは話す。

宮園さんの好敵手が福島県の専門学校3年生の国分諒太さんだ。2年前から大会に出るようになり、20年はFIA公認の大会でアジア地区の優勝者となった。「バーチャルでもレース展開を予測して作戦を立てたり、車の限界点を見極めるなど様々な準備や工夫が要る」と語る。

デジタルモータースポーツはeレーシング、eモータースポーツとも呼ばれる。よく使われるソフトはプレイステーションの「グランツーリスモ」だが、パソコンの「アセットコルサ」などもある。規模もFIAの公認レースや国体(国民体育大会)などから、個人が主催する「草レース」まで様々だ。

初心者はどうすれば参加できるのか。「SNS(交流サイト)やゲームソフトのサイトでレース開催を告知している。その場で申し込むか、著名プレーヤーのツイッターをフォローして情報を得るのが近道」とeスポーツ企画会社のNGM(神戸市)代表取締役の北浦諭さんは助言する。

家庭用ゲーム機でおなじみのレースゲームだが、インターネットの普及でオンライン対戦する人が増えた。デジタルモータースポーツはその延長線で登場した競技で、主催者が大会の規約を決めてレースとしての体裁を整備。車種を絞ったり、現実のレースで採用される規格の車を採用するなどのルールを設けたりすることで格式を整えている。

「中立的な第三者が順位を決め、真剣勝負できるので単なる遊びとは違う醍醐味がある」と北浦さん。「本職のカーレーサーが参加する大会もあり、彼らと対戦できるのも魅力の一つ」と国分さん。

注目記事
次のページ
体験学習で教育現場にも