麻酔わかる看護師、患者も医師も安心 広がる養成の場

麻酔科医の不足が指摘される中、専門的な知識・技術を学んだ看護師が手術中の麻酔管理や、術前術後の患者ケアなどを担う取り組みが注目されている。「周麻酔期看護師」と呼ばれ、現在、聖路加国際病院(東京・中央)や横浜市立大病院など複数の医療機関での導入が始まっている。

周麻酔期看護師の登用を進める聖路加国際病院では、麻酔科医と連携して看護師(左)が様々な役割を果たす

「周麻酔期看護師がいてくれることで、本当に医師しかできない業務に集中できる。患者の安全を守ることにもつながる」。日本周麻酔期看護医学会代表理事の長坂安子・東京女子医大教授(麻酔科学)は強調する。

医療現場では、心臓血管や脳神経外科、呼吸器外科などの分野で、難度の高い手術件数が増加している。高難度手術では検査項目も多く、血圧管理なども細かく行う必要があり、麻酔科医の業務量も増える。麻酔科医は年間250人ずつ増加し、現在8000人ほどの専門医がいるが、それを上回るペースで需要が増しており、医師不足感が強い分野の一つだ。

周麻酔期看護師は、麻酔前後の患者のケアに関わり、麻酔科医の直接指示を受けて一部の医療行為も行う。麻酔について専門的に学んだ看護師が手術室にいれば、業務を移管したり、共有したりでき、医師は医師にしかできない業務に専念できる。

2010年から大学院の修士課程で養成を開始した聖路加国際大学では20年3月までに21人が修了した。系列の聖路加国際病院には現在7人の周麻酔期看護師が在籍する。そのうちの一人、麻酔科の吉田奏周麻酔期看護師チーフは、もとは同病院の手術室看護師として勤務していたが、大学院で2年間、座学と実技を学び、院内認定看護師として活躍する。

例えば、手術前の患者の診察補助や麻酔についての説明を看護師がまず行い、麻酔科医はその後により高度な追加診察などを担う。「看護師が患者と家族が抱える不安や心配事を聞き出し、丁寧に患者の理解度に合わせた説明をすることで患者の不安を軽減することができる」と吉田氏は話す。麻酔科医と看護師の複数の目で患者の状態を評価でき、医師は重症患者など説明に時間を要する患者により多くの時間をかけられるようになる利点もある。

「診療の補助」の範囲内であれば一部の医療行為も行える。手術中は気管チューブの挿入や抜去、人工呼吸器の設定変更、薬剤の投与などの医療行為も、医師の直接指示のもとに可能だ。必要に応じて看護師が患者状態を評価をし、投与すべき薬剤と量を医師に提案することもある。

次のページ
業務移管・共有で議論 認定制度も
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント