冬場の浴室のお手入れ 寒さ・汚れをシャットアウト

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

寒い冬、風呂が楽しみのひとつという人も多いだろう。今回は浴室の寒さ対策と、入浴剤を使用する際の風呂掃除のポイントを住生活ジャーナリストの藤原千秋さんが提案する

冬の入浴時、浴室に足を踏み入れた瞬間のひんやりとした感触や、室内の寒さはつらいものだ。原因の一つは浴室の窓。換気に有用な反面、きちんと閉めていても隙間から冷気が入り込み、浴室内の温度を下げる要因となる。

簡易的な断熱窓 床にはマットを

そこでおすすめなのが、引っ越しの際に養生材などとして使われるプラスチック段ボール(プラダン)を使った簡易的な断熱窓づくりだ。

プラダンはホームセンターなどで販売されている。着色されたものもあるが、窓に使うのであれば光を通す半透明タイプがいいだろう。

厚さ2~3ミリのものを窓枠に合わせてカッターでカットする。後で調整できるように少し大きめに切っておくのがポイントだ。プラダンの断面を見ると、ストロー状に空洞状態になっている。そこから水滴が入るとカビの原因となるため、防水テープを貼ってふさいでおこう。サイズを調整しながら窓枠にはめ込めば、冷気をシャットアウトしてくれる。

洗い場の床の冷たさには「風呂マット」や「洗い場マット」を導入するのが手軽だ。

柔らかなEVA樹脂製、ゴムやポリエステル製のものなど、様々な材質、価格のものが販売されている。洗い場の床に敷いておくと断熱効果に加え、転倒した際などに衝撃を和らげる役割も果たす。

ユニークなものでは人工畳でできた風呂場用「畳マット」も。湯をかけると畳の織り目に浸透し、マットが温まる。風呂イスがなくても、直に座れるところも便利だ。いずれのマットも、使用後は表面をすすいで壁に立てかけ、よく乾燥させる。カビの発生には十分に注意したい。

注目記事
次のページ
入浴剤使用時は 配管汚れに注意