powered by 大人のレストランガイド

ハクサイの信田煮 旬の食材でコクとうま味楽しむ

NIKKEIプラス1

旬のハクサイを入れた信田(しのだ)煮。油揚げの油抜きは熱湯をかけず、ペーパータオルで押さえる程度に。コクとうま味を残し、手間も省けます。

(4)で冷ます時間は調理時間に含みません。

材料(2人分、1人当たり251kcal)
・油揚げ2枚
・ハクサイ80g
・鶏ひき肉100g
・A[塩小さじ1/6、ショウガ(すりおろす)小さじ1/2、とき卵大さじ1、かたくり粉大さじ1]
・B[だし200ml、砂糖大さじ1/2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、塩少々]
・カイワレダイコン1/2パック(20g)

作り方(調理時間30分)

(1)ハクサイは軸を断ち切る向きに幅5mmに切り、塩少々(材料外)をふる。しんなりするまで約10分おく。軽くしぼる。

(2)油揚げはペーパータオルにはさみ、余分な油をとる。長い1辺を残し、残りの3辺は端から5mmを切り落とす。破らないように開く。

(3)ひき肉にAを加えて粘りが出るまで混ぜ、油揚げ2枚の内側に半量ずつ広げる。ハクサイと切り落とした油揚げを手前に半量ずつのせて、端から巻く。2本作る。

(4)鍋に(3)を巻き終わりを下にして入れ、Bを加える。落としぶたと鍋のふたをして弱めの中火で約10分煮る。途中、上下を返す。煮汁が半量ほどになったら火を止め、そのまま冷ます。

(5)あら熱がとれたらとり出す。1本を6等分に切り、器に盛る。

(6)鍋に残った煮汁を温める。カイワレダイコンを入れてさっと温め、(5)に添える。煮汁を器にそそぐ。

献立の例 和風ポテトサラダ、なめこのみそ汁、ごはん

ひとくちメモ

名前の由来 「信田(しのだ)(信太)」は油揚げを使った料理につけられる名前。大阪府和泉市にある「信太の森」に白狐(びゃっこ)にまつわる伝説があり、油揚げが狐(きつね)の好物といわれることに由来して、油揚げを使った料理にその名がついたとされています。

(ベターホームのお料理教室 写真=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2021年1月30日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。


メールマガジン登録
大人のレストランガイド