英国での修業を支えたハインツの豆缶詰 熊川哲也さん食の履歴書

ベイクドビーンズは英国留学での定番=藤沢卓也撮影
ベイクドビーンズは英国留学での定番=藤沢卓也撮影

世界的バレエダンサーの熊川哲也さんは15歳で英国に渡り、ダンサーとしてまたたくまに頭角を現した。観衆を魅了する驚異的な跳躍力や豊かな表現力は鍛え抜かれた肢体があってこそ。修業時代を支えたのは英国ではごくシンプルな食べ物だった。

「ロンドンで家にいつもあったのはハインツのベイクドビーンズ。日本で久方ぶりに食べた時は懐かしかった」

ベイクドビーンズはインゲン豆をトマトソースと砂糖で煮込んだ代表的な英国料理だ。水色のパッケージが特徴的なハインツの缶詰には、トマトソースが豆にとろりとしたたる絵が描かれている。

バレエ学校時代、ホームステイ先の家の食事の「あまりのまずさ」にうんざりしていた。友人の家でベイクドビーンズを口にした途端、思い浮かんだのは故郷の札幌で毎朝、食べていた納豆だった。「豆なのになんでトマトペースト?」と最初は不思議に思ったが、トーストにのせるととろけた豆がほどよくしみる。「うまかった。衝撃を受けた」

ロンドンでホームステイしたのはバレエ学校の女性教頭の自宅。60歳前後の彼女とその父親と暮らしていた。子どもがいなかったから、育ち盛りの男子生徒の食欲に想像がいかなかったのだろう。出てくるのは塩分で味付けしただけのあっさりした料理ばかり。だから小腹がすくと自分でハインツの缶詰を温め、空腹を満たした。

ホームステイは1年で終え、翌年から友人たちとハウスシェアをした。バレエ学校の友人宅では毎週末、どこかでパーティーが開かれた。深夜まで皆でどんちゃん騒ぎをしてそのまま雑魚寝し、朝起きたら皆でベイクドビーンズとトーストを食べた。「皆、お金もないし、おいしいものを知らなかったから飽きずに食べられたんでしょうね」

持論は「おいしさはお金に比例しない」だ。

バレエ学校に入学した初日か2日目のこと。中華レストランの多いロンドン・ソーホー地区にある中華の名店「プーンズ」に先輩に連れられていった。バーベキューポークライス(日本の焼き豚丼に相当)を「入学記念に」おごってくれるという。日本円で数百円の料理だったが「本当においしくてペロリと食べた。いまでも忘れられない」。

バレエ学校に入っても誰もがプロ契約できる世界ではない。バレエ団と無事契約をとれる者がいれば、ミュージカルへ転身する者、ダンサーの夢をあきらめて庭師になった者だって友人にはいた。しかし皆が納得する才能を持つ若者は必ずいる。熊川さんがそうだった。

おいしいかどうか。動物的な感性で
次のページ
食欲そそるスッポン鍋
エンタメ!連載記事一覧