脚の静脈瘤、「のり」注入で治療 痛みや合併症少なく

脚の血管がふくれてこぶのようになるのが下肢静脈瘤(りゅう)だ。女性が悩むケースが多いほか、ひどくなると痛みやこむら返りなどを起こしやすくなる。静脈に医療用の「のり」を注入して塞ぎ、こぶをつぶす「グルー療法」が2019年12月に健康保険適用となり、注目されている。主流だった血管を引き抜く手術やレーザーなどで静脈を焼き潰す治療より、手術の負担が少なく術後の痛みや合併症が少ない。

昨年、お茶の水血管外科クリニック(東京・千代田)でグルー療法の施術を受けた70代の女性は、手術のあまりの簡単さに拍子抜けしてしまった。長年悩まされた足のこぶは大きく、治療にもっと長くかかると思っていたが、実際の手術は20分ほどで終了した。「術後は脚がだるくなることがなくなった」と笑う。

下肢静脈瘤は静脈の弁がうまく働かなくなり、血液がよどんでたまり、こぶができてしまう。皮膚にでっぱりができるほか、だるさなどを伴う厄介な病気だ。国内に1000万人の患者がいるとされる。男性より女性、若年層より高齢者の方がなりやすくかかりやすい。レジ係、美容師など立ち仕事をしている人や肥満症の人に多くみられる。また遺伝の要素も強いといわれ、「両親が下肢静脈瘤を患っている人は非常に高い確率でかかる」(お茶の水血管外科クリニックの広川雅之院長)。

下肢静脈瘤はひどくなるとこむら返りを起こしやすくなったり痛みを生じたりする

比較的軽症の場合には立ち仕事を減らしたり、体重を減らしたりするよう指導し、改善するケースも多い。ただ、全体の2割を占める重症の場合には手術が必要になる。従来、特殊なワイヤを使って血管を引き抜く「ストリッピング手術」や、高周波やレーザーで焼く「血管内焼灼(しょうしゃく)術」が施されてきた。現在、下肢静脈瘤の手術の施術数は9割が血管内焼灼術という。だがこうした手術は大がかりな麻酔が必要で、入院も必要なため患者の負担が大きかった。

そこで登場したのがグルー療法だ。局所麻酔をしたうえで専用器具の先に取り付けた管(カテーテル)を静脈に挿入、こぶ付近で「のり」を放出したのち皮膚の上から短時間圧迫し、こぶ付近の血管壁を接着させて塞ぐ。血管に血が流れ込まなくなり、こぶが消える。施術時間は20~30分程度で、日帰りで受けられる。「のり」の成分は市販の瞬間接着剤とほぼ同じで、医療用として長く使われているという。塞いだ静脈の血流は止まるが、血管はほかにも無数にあるため脚全体の血流に問題はない。

手術に伴う合併症も少ない。血管内焼灼術では拡張した血管をレーザーの熱で焼くため周辺を走る神経への悪影響が出ることがあるが、グルー療法ではその心配がほぼない。

また従来の手術では術後、飛行機への搭乗や運動に制限がついたり、脚を締め付けるストッキングをはいたりする必要があったが、グルー療法では必要ないという。

次のページ
「不適切治療」に注意
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント