感染症ミステリー 極限下の人間・社会の格差を映す

感染症を題材としたミステリーの刊行が相次いでいる。未知の病に直面した人々のパニックや蔓延(まんえん)がもたらす社会の格差を描いた物語は、コロナ禍のなかでリアリティーを増している。

2020年11月刊行の伊岡瞬「赤い砂」(文春文庫)は感染症がもたらす事件を描いた警察小説だ。原案は05年のデビュー作の前に書いていた。「当時はエイズやエボラ出血熱が話題になっていた。以前から免疫に対して興味があったこともあり、感染症を扱ったミステリーを書こうと思った」と伊岡は振り返る。

物語は鉄道事故から始まる。現場検証をした鑑識官が発作に襲われ同僚の拳銃を奪い、自らを撃つ。その後も自殺の連鎖が続く。鑑識官の親友の刑事が捜査を進めるなか、大手製薬会社に脅迫状が届く。次第に謎のウイルスが事件の背後にあることが明らかになる。

ウイルスを題材としたのは「極限状態になったときに人はどうするか」を考えたかったからだ。「えたいの知れないものに出合ったときに、立ち向かうのか、逃げるのか、それともなかったことにするのか。その時に人の本性が出る」

実際の対策を描く

新型コロナウイルスにどう向き合うかで意見が対立する現状が示すように、未知の病原体は人々に大きな混乱をもたらす。「赤い砂」はエンターテインメント小説の枠組みで、目に見えず対処が難しいウイルスの恐怖を描いている。

「新型コロナは普通のウイルスではない」と話す海堂尊氏

コロナ禍をなぞる小説も。20年7月刊行の海堂尊「コロナ黙示録」(宝島社)は大学病院が舞台の医療ミステリー「桜宮サーガ」の最新作だ。

「当初は大した感染症ではないと感じていたが、まもなくこれは普通のウイルスではないと気付いた。五輪の開催を優先するためか、行政の感染対策が遅れたことに怒りを覚えた」と海堂は執筆の動機を話す。

クルーズ船で新型コロナウイルスに感染した患者を収容するのは、シリーズではおなじみの東城大学医学部付属病院。一方、北海道の雪見市救命救急センターではクラスターが発生し、関係者は対応に追われる。感染者と非感染者を分ける「レッドゾーン」「グリーンゾーン」の設置など、実際の対策が描写されている。

政治の動きは、医療現場の緊迫感と対比するように、戯画的に描かれている。そこには医師でもある海堂の危機感が表れている。「医療現場ではコロナの患者だけを診るわけではない。コロナ対策のまずさは医療崩壊につながりかねない」

格差の現実克明に

中山七里氏は米国の状況を物語に反映した

感染症が生む社会格差を取り上げたのは、20年6月刊行の中山七里「ヒポクラテスの試練」(祥伝社)。浦和医大法医学教室の医師たちが遺体解剖を通じて謎を解く法医学ミステリーの第3弾だ。「人類の歴史はコレラ、ペストなど感染症との戦いと切り離せない」と中山は述べ、小説の普遍的な題材との見方を示す。

肝臓がんが原因で死んだと考えられた前都議会議員だったが、解剖によって感染症が原因だったことが明らかになる。その後、前都議の周辺では、同様の不審死があったことも判明。法医学教室の助手2人が感染源特定のために渡米するが、そこで目の当たりにしたのは格差の問題だった。

この助手のうち一人はスペイン系米国人で、貧困街の出身。粗末な食事しかとることができず、住居の衛生状態も劣悪だ。「感染症が広がると、最新の医療を受けられる層とその恩恵にあずかれない層とで摩擦が起こる。そうした状況を物語に反映させた」と中山。

これまで感染症という題材はSFで数多く取り上げられている。それがミステリーでも扱われることが増えたのは、感染症の流行が社会の現実を克明にあぶり出すからだ。生々しい手触りが作品に宿っている。

(前田龍一)

[日本経済新聞夕刊2021年1月19日付]

エンタメ!連載記事一覧