powered by 大人のレストランガイド

わたしの「シードル」の探し方 飲みやすく味わい多彩

NIKKEIプラス1

「甘味、酸味、渋味を感じること」と藤井さん(東京都千代田区の「バー&シードレリア エクリプスファースト」)=佐藤 圭一郎撮影
「甘味、酸味、渋味を感じること」と藤井さん(東京都千代田区の「バー&シードレリア エクリプスファースト」)=佐藤 圭一郎撮影

リンゴで造る醸造酒シードルが人気という。ワインよりアルコール度数が低めで、健康面でも注目されている。10年ほど前から漫然と飲んでいた記者も改めて楽しみ方を勉強した。

「甘み、酸味、渋みを感じてみてください」と話すのは東京・神田の「バー&シードレリア エクリプスファースト」オーナーの藤井達郎さん。元プロボクサーで、2015年に同店を開業して以来、書籍の監修などを通じてシードルの普及に努めてきた。21年2月には故郷の群馬県沼田市に県内初のシードル醸造所を稼働する計画だ。

シードルはリンゴの果汁を発酵させたお酒。洋ナシ果汁を加える地域もある。古くは紀元前55年にブリテン島のケルト人が似た飲み物を飲んでいた記録がある。フランスや英国、スペイン、日本などで生産され、アルコール度数は3~7%程度。シャンパンのような発泡タイプもある。

「ビールの苦みやアルコール度数が高いお酒が苦手な人でも飲みやすく、味わいも多様。気軽に自分だけのお気に入りを探すことができます」(藤井さん)。ポリフェノールが豊富で、グルテンを含まないなど健康面でも注目されている。

シードルはフランス流の呼び方。世界で生産量が最も多い英国では「サイダー」、スペインでは「シドラ」という。エクリプスでは常時ボトル約50種類、グラス約10種類を揃え、グラス1杯1100~1320円で提供している。

初心者が2、3杯飲むときのお薦めを出してもらった。

次のページ
「日本版カルバドス」も
メールマガジン登録
大人のレストランガイド