政府・経済界の多様性戦略は? 橋本聖子大臣らに聞く

政府と経団連はそれぞれ中長期の戦略を策定し、2021年以降、女性活躍などのダイバーシティ政策に力を入れる。国際社会で日本は大きく遅れており、経済社会を発展させる上でスピードアップが必要だ。橋本聖子男女共同参画担当相と経団連でダイバーシティ推進委員会の委員長を務める三井住友海上火災保険の柄沢康喜会長に具体的な取り組みを聞いた。

「若い世代の声を意識」男女共同参画担当相 橋本聖子氏

――第4次男女共同参画基本計画は、91の目標のうち約7割が未達。5次計画ではどんな点を意識しましたか。

「5年で一定の進捗は見られたが、諸外国の方がスピード感がある。だから危機感をもって計画の策定にあたった。特に意識したのは若い世代の意見。若者の声が政策に反映され、それを実感することで政治への参画も進む」

「今回初めて、20年度までの5年間の達成度を本格的に評価し、未達の理由などを分析した。国家公務員採用や国の審議会委員の女性比率は目標を達成でき、企業役員や議員の候補者は女性の登用が遅れている。ただ指導的地位に就く女性が増える土壌は着実に形成されている。達成できなかった項目は早い段階で達成できるよう努力する」

――5次計画ではこれまで以上に踏み込んだ取り組みが必要になります。

「今回寄せられたパブリックコメントは5年前の2倍。選択的夫婦別姓についても今までになく多くの議員が関心を持って議論し、メディアにも取り上げられた。発信していくことが大事だ」

「女性の政治参加を進めたい。育児や介護を議員の欠席事由として明文化することを地方議会に働きかける。私が出産したときは退院後すぐに復帰し、事務所で搾乳しながら会議に出席した。明文化することで肩身の狭い思いをせずにすむ。そんな当たり前の環境整備が必要だ」

――経団連も「。新成長戦略」で30年までに役員の女性比率3割という踏み込んだ目標を設定しました。

「5次計画と連携が取れるよう、数値目標もしっかり入れていただいた。内閣府が後押しする『輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会』は発足時は10人足らずだったが、200人を超えた。各社が好事例を発表することで取り組みが広がっている。今後は教育や農業、スポーツの分野でも連携を進めて、女性が活躍できる環境を整える」

「新型コロナの影響でテレワークが進み、地域で仕事する人も増えるだろう。魅力的な地域をつくるために女性の農林水産業への活躍を後押しし、学び直しの機会を増やしてデジタル人材を育成する。子供を産み育てながら働きやすい時代を迎えられるよう、政府がサポートする」

――基本計画から「選択的夫婦別氏」の記述が削除されました。

「以前から慎重派と推進派がいたが、大半は『どちらでもない派』。今回はその人たちが同姓か別姓かを選べること、困っている人が現実にいることを知った。考えを変えた人も多い。政府が次にどう動くのか、しっかり見てほしい」

(聞き手は女性面編集長 中村奈都子)

第5次男女共同参画基本計画 男女共同参画社会基本法に基づき、2021年度から5年間の取り組みや成果目標を定める。5次計画は政策決定や雇用、地域など11分野で89の目標を設定しており、中間年の23年度にも達成状況を評価する。指導的地位に占める女性の割合については20年代の可能な限り早い段階で30%程度となることを目指す。
注目記事
次のページ
「数値目標設定でスピードアップを」三井住友海上火災