救急車と医師、店の駐車場で合流 救命治療を素早く

患者を運ぶ途中の救急車が、医師を乗せたドクターカーと迅速に合流できるようコンビニなど民間駐車場を活用する取り組みが出ている。合流により、病院に着く前から医師が救急車やドクターカーの中で治療を始めることができる。民間駐車場を合流地点として事前に決めておくのは珍しい。交通量の多い都市部を中心に円滑な合流を目指す。

兵庫県尼崎市の県道沿いのコンビニ店頭に「ドッキングポイント(合流地点)設置協力店」と書かれたポスターが貼られている。患者を搬送する救急車と、病院から医師を乗せて出発したドクターカーが、店の駐車場で合流することがあることを示したものだ。

取り組みが始まったのは2020年7月。市内でドクターカーを持つ県立尼崎総合医療センターと関西ろうさい病院と、市消防局の3者が連携し、コンビニオーナーらに合流地点として登録してもらうよう呼びかけた。コンビニや薬局の9店舗が賛同した。

救急医療では数分の差が生死や後遺症に大きく関わる。搬送途中の救急車に医師が乗り込めば、病院に向かいながら心肺停止など一刻を争う救急患者に治療を始められる利点がある。救急車とドクターカーが合流する救急体制は全国各地で敷かれている。

尼崎市では他の自治体と同様に、これまで市内10カ所の消防署や道路上で合流してきた。ただ交通量も多く「道路上のドッキング(合流)には交通事故など二次災害の危険も伴う。電話で似た地名を聞き間違えることもあった」(関西ろうさい病院の高松純平救急部長)ことなどから、今回の仕組みが生まれたという。

実際の搬送事例でも効果を発揮した。20年10月にドクターカーで合流を経験した県立尼崎総合医療センターの菅健敬小児救急集中治療科長は「薬局駐車場を活用し、医師が救急車に合流するまで3、4分ほど短縮できた」と振り返る。同センターでは小児ドクターカーが年約500件の要請に対応する。成人よりも救急隊でできる処置が限られる小児に対し、早期に医師が治療を始められる。

福岡市でも同様の取り組みが20年1月から始まった。約200店のコンビニと協定を結び、駐車場を合流場所として使う。安全な合流場所の確保が目的だ。これまで道路上で安全に合流できないときは消防署を活用してきたが、病院へのルートから外れるなど時間がかかるケースもあった。

次のページ
救急車出動 20年で1.8倍
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント