カーテン・ブラインドを手入れ ホコリこまめに落とす

NIKKEIプラス1

片桐 大輝撮影
片桐 大輝撮影

窓辺を彩るカーテンやブラインド。長く使うものだけに、汚れが気になる人も多いのでは。掃除の仕方は素材や形状によって異なる。窓まわりのアイテムのお手入れ法を教わった。

まずはカーテンから。光の調整や遮光をしたり装飾性を高めたり、窓まわりに欠かせないアイテムだが、静電気が発生しやすく、ほこりやチリが付着する。カーテン等の販売会社サンゲツヴォーヌ(東京・品川)の小上佳代子さんは、日常の掃除の中で「掃除機やはたきをかけ、ほこりを落とすのが基本」と話す。

掃除は上から下 素材確認し洗濯

掃除機をかけるときは、カーテンを束ね、弱い吸引力でヒダの上から下に向けてゆっくりと吸い取る。はたきも上から下に向けてかけよう。

キッチンやリビングのカーテンは、調理中の煙を吸い取りにおいが気になる。洗濯してさっぱりさせたいが、風合いを保つためには「洗える素材のものでも洗濯は年1回、レースカーテンは半年に1回くらいが目安」と小上さん。麻や綿などの天然繊維やレーヨン、それらの混紡は縮みやすい。遮光機能のある裏地を縫い付けた生地なども洗えないものが多い。まず洗濯表示を確認し、水洗いができるかを確かめたい。

洗濯の際はカーテンフックを取り外し、ヒダに沿って屏風だたみに。さらに縦半分に折りたたみ、洗濯ネットに入れる。洗濯機はたっぷりの水量で、水流は「弱」に設定する。脱水時間は30秒程度。カーテンレールにかけ、布地を自然に伸ばして乾かす。

整理収納アドバイザーの上野景子さんが、手軽にカーテンを洗うために活用しているのは「輪ゴム」だ。「プラスチック製のカーテンフックであれば、つけたままカーテンの上部を輪ゴムで束ね、ネットに入れて洗える」

かつての金属製のフックと異なり「近ごろ主流のプラスチック製のフックは生地を傷付けにくい」と上野さん。洗い上がったら、そのままカーテンレールにつるして乾燥させるだけだ。

注目記事
次のページ
指ではさみつつ 汚れふき取って