冷蔵庫すっきり収納 スマホで現状確認、迷子には容器

NIKKEIプラス1

渡辺 信雄撮影
渡辺 信雄撮影

冷蔵庫の内部は、普段でも整理整頓が大変だが、年末年始はおせち用の食材やストックでギュウギュウになりがち。何がどこに入っているかわからない状態にならないための収納術を教えてもらった。

食品をどんどん入れていくうちに庫内がパンパンになり、使いたい食品が見つけられない――そんな経験はないだろうか。

このイライラを解消するにはまず、現状を把握することが大切だ。冷蔵庫収納家の福田かずみさんは「スマホなどで庫内の写真を撮ってみよう」とアドバイスする。

冷蔵庫のドアを開けて長時間庫内を眺めていては、冷気が逃げてしまう。だが撮影すれば、何をどこに入れるべきかをゆっくり考えられる。

粉類や調味料は出してスペース

冷蔵室は、冷気を効率良く循環させるために収納を7割以下にとどめるのがよいとされている。食品を少しでも多く入れたい年末年始は難しいが、うまく整頓して、食材と食材の間に適度なスペースを作るように心がけたい。

庫内の空き容量を確保するための工夫として「常温保存でも可能なものを、一時的に取り出すこと」を福田さんは挙げる。お好み焼き粉などのミックス粉、乾物類、しょうゆなどの調味料は、酸化やダニの発生を防ぐため冷蔵保存が適しているが、気温も湿度も低い年末年始の間だけなら冷蔵庫から出し、冷暗所に保存しておけば大丈夫。空いたスペースを効率よく使おう。

定番食材をできるだけコンパクトにまとめることも重要だ。トレーや収納ケース、保存容器を効果的に使いたい。 使いかけの食材、余ったかまぼこやだて巻きといった、おせちに補充するための食品は、一つのトレーに集めておくと、庫内を探しまわる手間が省ける。「かまぼこなどは、食べやすいサイズにスライスしてからポリ袋に入れ、トレーに収納すると、重箱に補充するとき手軽に取り出せる」と福田さん。

注目記事
次のページ
ブックエンドでビンを賢く収納