走る姿勢を改善、けが防ぐ フォーム診断受けてみた

NIKKEIプラス1

体への負担やランニング姿勢など5項目ごとに100点満点で点数が出るほか、自分のフォームと理想のフォームが画像で確認できる
体への負担やランニング姿勢など5項目ごとに100点満点で点数が出るほか、自分のフォームと理想のフォームが画像で確認できる

フルマラソン参加を将来の目標に掲げながらも、長く走ると古傷の膝が痛むことのある記者。フォームを改善すれば脚への負担が減って長く走れるのではと、フォーム診断を体験した。

訪れたのは東京・神保町にあるスポーツ用品店「ミズノトウキョウ」。ランニング用品売り場の一角に計測コーナーがある。予約が必要で、計測回数やアドバイスの内容などにより費用は3000~6000円(税別)かかるが、6000円の内容を試した。

右半身の肩、肘、手首と太もも、膝、足首の6カ所に計測用のマーカーを付け、ランニングマシンで5分間ほど走る。マーカーを付けた箇所の動きからフォームを計測できる仕組みだ。計測結果は「セーフティー」「ポスチャー」「リラックス」「ライド」「スイング」の5項目ごとに100点満点で点数が出る。

セーフティーは、走っているときの体の左右へのブレに、身長と体重から肥満度を測るBMIなども参考にして体への負担をみる。「負担は練習量、BMI、筋骨格、走り方のクセが大きく影響する」。指導してくれたミズノスポーツサービス・チーフインストラクターの内野雅貴さんは話す。

ポスチャーは長時間走るためのランニング姿勢を計測する。リラックスは効率よく走るための腕振り、ライドは体重移動や足の着地位置を測る。スイングは地面の蹴り方による脚の遅れや膝の動きをみる。

肘や膝にマーカーを着けて、走るフォームを解析してもらう記者(東京都千代田区のミズノトウキョウ)=三浦秀行撮影

いざ体験。10キロメートルの大会に出たときの記者のタイムをもとに、ランニングマシンの速度を設定。マシンで本格的に走るのは初めてなので、路上と異なる感覚に緊張する。

約5分走り計測が終了。総合評価は100点満点中73.7点だった。セーフティー、ライド、スイングは「良い」だったが、ポスチャーとリラックスが「改善しましょう」との評価。つまり、下半身よりも姿勢、腕振りなどの上半身に課題があることがわかった。

結果や撮影した画像を見ながら、内野さんと振り返りをする。「胸を張って良い姿勢で走る」ということは意識していたが、腰から上が前傾気味で胸だけを張っていたので理想的な姿勢ではないと指摘を受けた。5~10メートル先に視線を置くよう助言される。

次のページ
けが防止 柔軟性が重要
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント