iCloud容量不足どうする? 不要データ削除、写真整理

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

iPhoneを使っていて「iCloud(アイクラウド)の容量が足りない」という通知が表示されることがある。追加料金を支払えば容量を増やせるが、無料のまま使いたい場合はiCloudに保存するデータを減らす必要がある。

携子 スマホに「iPhoneのバックアップに失敗しました」というメッセージが表示されているんだけど、これって何かしら。

スマト 携子さんのiPhoneは、自動でバックアップデータを作成してiCloudに保存する設定にしていましたよね。なんらかの理由でそれができなくなっているってことですよ。

携子 私、そんな設定した覚えがないんだけど。

スマト 去年の3月、スマホを買い替えるときにiCloudバックアップをオンにしたじゃないですか。

携子 そっか、忘れてた! なぜiCloudにバックアップするんだっけ?

スマト 友だちの電話番号やLINEの友だちを新しいスマホに移行するには、まずバックアップデータとしてiCloudに保存し、新しいスマホにそのデータを入れて復元する必要があるんです。

携子 ああ、そうだったわね。でも、なぜ今回は失敗しているのかしら。

スマト 見せてください。ああ、iCloudのストレージ(記憶装置)容量がいっぱいで、新しいデータが保存されなくなったんですね。

携子 そうなの? でも私、なにもしてないわよ。なんでいっぱいに?

スマト では見てみましょう。写真やアプリのデータなど、いろいろ入っていますね。携子さんがなにもしなくても、写真を撮ればiCloud上に保存されるし、アプリをインストールすると、そのアプリで使うデータでバックアップが必要なものは、自動的にiCloudに保存される仕組みなんです。

携子 知らなかった。ではiCloudの容量を空けるにはどうすればいいの?

スマト 携子さんは無料プランでしたね。追加料金を支払えば容量を増やせますよ。