未公開映画、気軽に上映 デジタル化で「シェア」感覚

グッチーズ・フリースクールが上映したケリー・ライカート監督「リバー・オブ・グラス」
グッチーズ・フリースクールが上映したケリー・ライカート監督「リバー・オブ・グラス」

未公開の外国映画の権利を単発で買い、自主上映する。そんな気軽で自由な新世代の上映者が現れている。デジタル化が進み、買い付け、字幕制作、宣伝、上映が個人で簡単にできるからだ。

降矢聡さん

「アメリカのインディーズ映画が好きで未公開作品を見ていて、1人で見るより、皆と共有したいと思った。よい景色を見て、SNS(交流サイト)にあげるのと同じ感覚。結構、カジュアルにできるものですよ」

「グッチーズ・フリースクール」を主宰する降矢聡(34)は語る。2013年に劇場未公開、DVD未発売の映画を紹介するサイトを立ち上げ、翌14年に東京芸大でデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督「アメリカン・スリープオーバー」の上映会を開いたのがきっかけ。ネットで権利元を調べ、メールで交渉して、単発の上映権を得た。

以来、映画館や小劇場などを借りて毎年上映会を開いてきた。今秋は三大映画祭に出品経験をもつ米インディーズの女性監督ケリー・ライカートの「リバー・オブ・グラス」など3作品をイメージフォーラム・フェスティバルで上映した。

自ら字幕を制作

映画の配給権はDVDや配信の権利とともに5~10年分を買うのが普通だが、降矢は1回~数回だけの上映権を買う。素材はデータで受け取り、字幕をつけ、映画館上映なら標準規格のDCP、それ以外ならブルーレイを作る。すべて自宅のパソコンで作業する。

上映会場を確保し、SNSで宣伝。料金1500円で100人集める上映を2回やれば30万円。権利料、字幕翻訳代、会場費を支払えて「赤字にはならない」。

「楽しいからやっている。客の反応を見ると、上映のもつ力を感じる」と降矢。

井戸沼紀美さん

「肌蹴る光線」を主宰する井戸沼紀美(28)は18年、当時は配給未定だった中国のビー・ガン監督「凱里ブルース」を東京の映画館と京都の書店で上映。以来8回の上映会を開いた。

実験映画の巨匠ジョナス・メカス、フランスの俊英ミア・ハンセン=ラヴからガーナのラッパー、ブリッツ・バザウレまで上映作品は幅広い。「映像に意志を感じる作品、誰も知らない作品をやりたい」と井戸沼。

映画に詳しくはなかったが、福島から上京し大学2年で見た濱口竜介作品に衝撃を受け、濱口が好きな映画のリストを手がかりに見まくった。メカス作品にも感動し、生前のメカスに直接メールを送り、フィルムを集めて上映会を開いた。

今はIT企業でフルタイムで働きつつ上映活動をする。「収支はトントン。でも0円でめちゃ楽しめる」

「まず自分が見たい。人とその映画の話ができれば最高。好きな映画を人に伝えるには、劇場で同じ時間を共有するのが有効。上映会をやればみんなにも、ゲストにも会える」。宣伝は専らSNS。「お金がないからチラシは作らない」

語りの場つくる

1970年代から実験映画、個人映画の上映活動を続けるイメージフォーラムは今秋のフェスティバルでグッチーズ、肌蹴る光線のほか、演奏付き上映会を開くニューネイバーズ、LGBT関連作品を手掛けるノーマル・スクリーンなどを「スクリーニング・コレクティブ新世代」として紹介。会場は熱気に包まれた。

新世代登場の背景にあるのはデジタル化だ。同フェスティバルの山下宏洋ディレクターは「フィルム時代に比べ輸送料や通関手続きなど輸入のハードルが下がった。字幕も自前でつけられる。権利元との交渉も容易になった」と指摘する。

「見るだけでなく、上映することで映画とより近く関われる。語りの場をつくるツールにもなる。こういう形で関わる人が増えることで、多様なコミュニティが生まれ、映画文化も豊かになる」と山下は語った。

(編集委員 古賀重樹)

[日本経済新聞夕刊2020年12月8日付]

エンタメ!連載記事一覧