足の異常に「足病医」 高齢化でニーズ、診療科を横断

診療科の枠を超え、様々な足のトラブルに対応する「足病(そくびょう)医」が増えてきた。専門外来を開設する病院や「足病専門」をうたう診療所が各地に登場。高齢化の進展で足のトラブルに見舞われる患者の増加が背景にある。欧米では古くから定着していたが日本ではなじみが薄かった。昨年、学会が旗揚げされ、一歩を踏み出した。

「歩くのが楽になりました」。福岡市の六本松足と心臓血管クリニックに2カ月おきに通院する市内の無職、近藤道夫さん(仮名、75)が竹内一馬院長に笑顔を見せた。3年前から糖尿病で足の血流が悪化し、痛みで歩くのもつらい状態となり「(足を)切断してもおかしくなかった」(竹内院長)。

同クリニックを2018年に開業した竹内院長は「足のトラブルや悩みを抱えた患者はどの診療科にかかればいいか分からずに多くの診療科を回る難民状態となりがちだ」と指摘する。「重症化して手遅れになる患者を減らそうとワンストップで質の高い医療を提供している」

足病医は外反母趾(ぼし)や扁平(へんぺい)足などの変形、タコ、ウオノメ、水虫など皮膚のトラブルなどをカバーするほか、深刻な事態につながりかねない疾患の治療にも当たる。特に血流が悪化する末梢(まっしょう)動脈疾患や、それが重症化した重症下肢虚血は治療が難しく、組織の壊死(えし)が進めば切断に至る。動脈硬化を背景とした生活習慣病の一つで高齢化が進む中で患者数が増えている。

これらの疾患の治療が年間100件を超す佐賀大病院(佐賀市)は糖尿病内科、腎臓内科、循環器内科、形成外科等の医師ら約30人が週1回集まり、治療方針などを検討する。上村哲司診療教授は「予防にも力を入れ、糖尿病の疑いのある人向けに、楽に歩けて足に傷をつくらない『予防靴』をメーカーと共同開発している」という。

次のページ
欧米では早くに専門化
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント