3Dプリンターで能面作った 複雑な形状、16時間で完成

3Dプリンターのコピーの出来に感心する松原さん(自宅の作業場で)
3Dプリンターのコピーの出来に感心する松原さん(自宅の作業場で)

モノの複製ができる3D(3次元)プリンターがブームという。アイデアを形にできるのが受けているそうだ。誰がどんなものを作っているのか。最近の3Dプリンター事情を探った。

Tsukasa(つかさ)さんはデザイン専攻の大学院生。3Dプリンターで作品を作りネットで紹介している。最近では、壁登りのスポーツ競技、ボルタリング用に背中にかつぐ掃除機を自ら設計して作った。手や足をかける「ホールド」と呼ばれる石の上面の汚れを取るものだ。

「欲しいと思ったものをすぐ形にできる。製作はプリンターに任せ、設計作業に集中できるのがいい」。マスク不足が世間で問題になったときには、プラスチック製の「PITATT(ぴたっと)3Dプリントマスク」をデザインし、作成に必要な3Dデータを無償公開したという。

デザイナーでドローンレーサーでもある白石麻衣さんがマシンの改良のために使い始めたのは3年前。ドローンにカメラを載せる土台や通信用アンテナを固定するカバーなどを自前で設計するほどだ。

改良したドローンをもつ白石麻衣さん

3Dプリンターを自宅に1台所有するが、印刷精度が高い最新版を買う予定だ。普段用では携帯電話スタンド、子供のおもちゃなども作る。「家の中のちょっとした小物なら作れます」(白石さん)

3Dプリンターに出力するには縦と横、奥行きのある3次元データが必要で素人には敷居が高かった。ところが「新しいiPhone12などでは簡易的な3Dスキャナー機能が標準装備され、3Dプリンターがぐっと身近になりそう」。白石さんは予想する。

3Dプリンターには2万~3万円の低価格品から数千万円する産業用まで様々。熱で溶かした樹脂を積層して造形する方法が主流だ。国内需要は年々増え、2020年で1万台前後との予測もある。1割前後が家庭用だ。数年前は20万円前後していた機種が量産効果により2万~3万円台に下がり、消費者にも手が届きやすくなってきた。

一足先に普及した米国では日曜大工のツールとしての地位を確立し、ひな型の3Dデータを無料ダウンロードできるサイトもある。初心者がデータを一から作るのは至難だが、既製のものがあればサイズを微調整するだけで済む。

次のページ
SNS投稿 著作権に注意
MONO TRENDY連載記事一覧