進行・再発の局所がんに「光免疫療法」 年内にも開始

「光免疫療法」と呼ぶがんの新しい治療が年内にも、世界に先駆けて日本で始まる。手術や放射線、抗がん剤では十分な効果が得られず、再発したがんなどへの効果が期待されている。顔や首の周りにできるがんから適用が始まり、その他のがんにも広がる可能性がある。ただ最終段階の臨床試験(治験)が終わっていないなど、有効性や安全性の検証にはまだ課題もある。

光免疫療法に使う点滴薬「セツキシマブ サロタロカンナトリウム」(製品名はアキャルックス)

光免疫療法はがん細胞に結合する抗体医薬とレーザー光を組み合わせ、がん細胞をピンポイントで破壊する治療法だ。米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らが開発し、楽天などが出資する楽天メディカル(米カリフォルニア州)が事業化を進めている。日本では、同社の申請から半年で条件付き早期承認の制度を活用した形で承認された。所定の要件を満たす医療機関で12月から公的保険で治療できる。早ければ年内にも一般の患者の治療が始まる見通しだ。

対象となる病気は、顔や首の周りなど頭頸(とうけい)部にできるがんのうち、局所で進行したり再発したりして手術で切除できない症例だ。日本での治験を主導する国立がん研究センター東病院の田原信頭頸部内科長は「他に手段がなかった患者がこの治療を受けて長期生存している例もある」と話す。全身に広がったがんは難しいが、局所的に増大したがんがほぼ消失するなどの効果を示すことがあるという。

頭頸部がんは、喫煙や飲酒が原因となりやすく、国内の新規患者数は年2万人を超える。容姿や発声に影響する部位のため、手術で除去できても他の治療を選ぶ患者もいるという。進行した症例には放射線と抗がん剤を組み合わせる治療や体の免疫機能を生かすがん免疫薬などの選択肢がある。ただ進行した状態では「治療しても約半数は再発する」(田原氏)とされる。

光免疫療法は局所的に進行したり再発したりした頭頸部がんへの新たな選択肢になると期待されている。米国や日本で最終段階の治験が進められているが、日本ではそれ以前の治験の結果をもとに今年9月に承認された。申請から約半年でのスピード承認となった。

注目記事
次のページ
対象患者は限定的 浸透に時間