「冬季うつ」見逃すな まず日光浴びて運動は無理せず

冬の間でも天気の良い日は日光に当たることを心がける。写真はイメージ=PIXTA
冬の間でも天気の良い日は日光に当たることを心がける。写真はイメージ=PIXTA

秋から冬にかけて気分が落ち込み体調も優れないが、春が近づくにつれて回復する「冬季うつ」。時期が限られるうえに通常の「うつ病」と異なる特徴もあるため病気と気づきにくく、冬が来るたびに悩まされる人も少なくない。本人や周囲が変化に気づき、積極的に日光を浴びるなどの対策をとるようにしたい。

甘いものや炭水化物が食べたくなって体重が増え、朝起きられなくなり日中も眠気に襲われる――。冬が近づくとこんな症状がみられるようなら、冬季うつを疑うべきかもしれない。

通常、うつ病を発症すると気分が落ち込んだりするだけでなく、食べ物が食べられない拒食や、不眠に悩まされる。甘いものなどを食べすぎたり眠くてたまらなかったりするという冬季うつの症状はその逆で、うつとは気づかずに体調が悪いだけだと見逃されることも少なくない。冬以外は元気なので、怠けていると誤解される場合もある。

「若いうちはなんとかやっていても、年をとると症状がきつくなることもしばしばある」と国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部の栗山健一部長は注意を促す。中高年になって症状がはっきりし始めることがあるからだ。学生時代はつらいときは休めても社会人になるとそうはいかず、冬季うつとわかることもあるという。

冬季うつは日光に当たる時間と関係が深い。冬に日照時間が短くなる高緯度地方ほど多く見られるとされ、東京から北海道に転居して発症する例もある。逆に東京で冬季うつだったが赤道に近いオーストラリアに引っ越してから症状が出ないという人もいた。

症状の重い患者は、強い光を出す照明器具で1、2時間程度照らす「高照度光治療」を施す。日常生活でもできるだけ日光にあたるよう心がけることが大切だ。

「大事なのは目に日光が入ること。無理に外出しなくても、窓際で日光に当たるだけでもいい」と栗山部長は説明する。屋外に出る場合も、散歩などの運動はせずにひなたぼっこするだけでも効果がある。うつは症状が重い時期はからだを動かすだけでもつらく、無理に運動しても治療効果は見込みにくい。周囲も日光に当たりやすい環境を整えながら、回復を待つようにしたい。

室内の照明も薄暗い間接照明などは避け、できるだけ明るくしたい。波長の短い青色の光が効果が高いので、電球よりも蛍光灯を使う方がよいという。

高照度光治療だけでは症状が回復しない場合は、薬による治療も並行して行う。使うのは神経伝達を助けるセロトニンという物質を強化するタイプの抗うつ剤だ。

セロトニンは、材料になるアミノ酸のトリプトファンを多く含む魚や肉、豆類、バナナなどを食べることで補える。冬季うつになると炭水化物に食事が偏りがちなので、積極的にこうした食品をとるようにしたい。ただ症状が重いときは治療薬が有効だ。

冬季うつは春になっていったん回復しても、冬になると再発することが多い。体調が悪くなる前に意識して日光に当たる時間を増やすなどすることが大切だ。

特に今年は新型コロナウイルスの流行で外出を控えがち。家にこもると日光に当たらなくなるだけでなくストレスもたまる。冬季うつに限らずうつ病全般を引き起こしやすい環境で、気分や体調の変化に気づいたら早めに医療機関に相談したい。

◇  ◇  ◇

冬眠の名残とする説も

冬季うつなどの季節性うつは、一般にうつ病の特殊な形と考えられている。ただ過食や過眠といった通常のうつとは異なる特徴もあり、「そううつ病といわれる双極性障害の仲間ではないか、という考えもある」と、国立精神・神経医療研究センター睡眠覚醒障害研究部の栗山健一部長は話す。

双極性障害はうつ状態と、その逆のそう状態を繰り返す。夏場は元気で軽いそう状態でも病気と思われず、冬のうつ状態だけ注目されるのではないかというわけだ。

また冬季うつほど顕著でなくても、冬になると気分が落ち込んだり、活動性が低下したりすることは珍しくない。冬に活動性が下がって冬眠する動物も少なくないことから、冬季うつは人間も昔は冬眠していた名残ではないかとする説もある。

(編集委員 小玉祥司)

[日本経済新聞夕刊2020年11月18日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント