吉田修一、犯罪小説に新境地 湖から広がる命の思索

純文学とエンターテインメントの垣根を越えて作品を生み続ける吉田修一
純文学とエンターテインメントの垣根を越えて作品を生み続ける吉田修一

「悪人」「怒り」など、吉田修一の犯罪小説は人間の闇の部分をあぶり出してきた。デビュー20年を超えた作家が今回の作品の舞台に選んだのは琵琶湖。自然との対峙が新境地を生んだ。

「湖はこんなに美しいのに、なんで。そんな気持ちで書いていた」

「湖の女たち」(新潮社)は琵琶湖の近くに建つ介護療養施設で起きた、入居者の死亡事件で幕を開ける。人工呼吸器を付けていた100歳の男性が亡くなった。機器には安全装置がいくつも施されている。誰かが故意に止めたのか。

海と異質の感覚

吉田はこれまでも実際の事件に想を得た小説を著してきただけに、このあらましからは滋賀県の病院であった入院患者の死亡を巡る冤罪(えんざい)事件が思い浮かぶ。看護助手の女性が殺人罪で服役した後、今春、再審無罪が確定した。彼女は任意の聴取に呼吸器のチューブを外して患者を殺害したと自白して逮捕されたが、供述は取調官に誘導されたものだと、信用性や任意性が再審で否定された。

吉田は「事件に興味はあったが、それをそのまま書く気はなかった」と、小説にモデルはいないと話す。「いちばん関心を持ったのは、場所です。同じことが東京で起きていても、さほど心を動かされなかったかもしれない」。滋賀県に向かい、琵琶湖を一周した。

計3度、同地に足を運んだ。長崎で生まれ育ち、海が身近にあった作家にとって湖は異質なものだったという。

「湖って、自分が見ているのではなく見られている感覚に陥るんですよ。動かないから穏やかなようで、恐ろしくもある。そして、山や海には覚える『死』を感じなかった。美しいものの先にある危険を感じず、身を守らなきゃという本能がなくなる。人間と自然の境界は、わりと淡いものなんじゃないか。朝を迎えるまでぼんやり琵琶湖を眺めていたときに、そう思った」

注目記事
次のページ
罪深い言葉
今こそ始める学び特集