オンライン座禅会に参加 コロナで乱れた心身整える

NIKKEIプラス1

僧侶がオンラインで指導
僧侶がオンラインで指導

以前から興味があった座禅。新型コロナウイルスの感染拡大に対応して、インターネットによる「オンライン座禅会」を開く寺が増えているという。良い機会なので、参加してみた。

オンライン座禅会は、ビデオ会議システム「Zoom」を使い開くのが一般的。画面を通じて禅僧が指導し、参加者は自宅などで座禅を組む。

10月中旬、曹洞宗の浅間山興教寺(こうきょうじ)(神奈川県厚木市)が開くオンライン座禅会に参加した。自宅の和室にパソコンを持ち込み、座禅で使う坐蒲(ざふ)の代わりに座布団を二つ折りにして腰を下ろす。

参加者は6人。午後9時、副住職の浅摩泰真さんが画面に現れ、開始。初めに浅摩さんから法話があり、続いて参加者が座禅を組む。

作法はオンラインも同じ。足の組み方は結跏趺坐(けっかふざ)と呼ばれ、右の足を左の股の上に深くのせ、次に左の足を右の股にのせる。この姿勢を取るのは結構、きつい。早くも挫折しそうだ。

作法に従って組む

ありがたいことに、負担の少ない半跏趺坐(はんかふざ)という組み方がある。右の足を左の股の下に深く入れ、左の足を右の股に深くのせる。「無理をしないで」という浅摩さんの言葉に甘え、半跏趺坐にする。

手の組み方は法界定印(ほっかいじょういん)といい、右手が下、左手が上になるように指と指を重ね、親指を自然に合わせる。組み合わせた手は下腹部のところにつける。

背筋をまっすぐに伸ばし、顎を引き、両肩の力を抜く。耳と肩、鼻とへそが垂直になるようにして、前後左右に傾かないようにする。

曹洞宗は壁に向かって組む座禅。パソコンを脇に置き、目を半眼(はんがん)にして、視線を約1メートル前方、約45度下に落とす。大きく深呼吸し、その後は鼻から呼吸する。約20分間、ひたすら心を無にする。

5分、10分……。何も考えないのは思いのほか難しい、雑念が次々にわいてくる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
ストレス低下の研究成果も
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント