ステイホームで気になる生活音 カーテンの工夫で軽減

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

在宅勤務やステイホームで家にいる時間が増えた。足音やテレビの音、音楽などの生活音が近所迷惑になっていないか、気になる人も多いだろう。自宅でできる防音対策を教わった。

生活音は響きやすい。防音専門ピアリビング(福岡県宗像市)代表取締役で防音対策アドバイザーの室水房子さんは、「夜に働くなど生活習慣の多様化から、周囲の音が気になりやすい環境になった」と話す。最近ではビデオ会議などのために、静かな環境を整えたいといった声も多い。

音が響きやすい住宅事情もある。近年人気のフローリングの床は、物を落とした音や歩く音が反響しやすい。集合住宅では軽量化が進んで床や壁が薄くなっている物件も多く、斜め上など離れた部屋でも床や天井、壁などに反響して伝わることもある。

「カーペットやカーテンを使うだけでも、反響音は軽減する」と室水さんは話す。柔らかい素材は音を吸収する効果がある。布製のソファを置いたり、壁にクッション性のある壁紙シールを貼ったりするのも、吸音に役立つ。

大人の足音や子どもが跳ねる重い音は、低く鈍い音となって響く。床に防音マットやジョイントマットを敷いた上にカーペットを敷くと、音がより軽減される。部分的に敷けるタイルカーペットや置き畳も手軽で効果的だ。

あえて裾を長く 床に垂らし遮音

カーテンも厚手の素材や重層になった防音カーテンがいい。突っ張り棒などを使ってカーテンを3枚掛けにするなど布を重ねる工夫を。隙間から音が漏れないようにカーテンボックスやカーテンレールカバーを取り付けるのも手だ。日本インテリアコーディネーター協会(東京・新宿)会員の東千晴さんは、あえてカーテンの裾を10~30センチメートル長く床に垂らすことをすすめる。「遮音に加え窓が高く見える効果もある」そうだ。

テレビの音や冷蔵庫、洗濯機など家電の振動音は、床や壁から伝わりやすい。壁から離し、振動音には耐震マットや防振ゴムを敷く。盲点になりがちな騒音源が室外機。換気のために窓を開ける機会が増えているため、耳障りな音となって響く。土台に防振ゴムを敷いて抑えられる。

防音対策のために段ボールや梱包材を壁や窓に貼り付ける人もいるが、実は「ほとんど吸音、遮音効果は見込めない」(室水さん)そうだ。

注目記事
次のページ
レイアウト工夫 走り回りにくく
今こそ始める学び特集