powered by 大人のレストランガイド

フライパンひとつで手軽に作る 白身魚の甘酢あんかけ

NIKKEIプラス1

魚料理は手がかかりそうで、日々の食事にとり入れにくい、という人も多いのでは。今回の料理は、フライパンひとつで作れる魚のおかず。カリっと焼いた魚に、甘酢あんがとろりとからみます。ふだんのおかずのレパートリーにぜひどうぞ。

メカジキやサワラでも作れます。

材料(2人分、1人当たり232kcal)
・生タラ2切れ(200g)
・A[塩少々、酒小さじ1]
・片栗粉大さじ2
・サラダ油小さじ3
・ニンジン30g
・タケノコ水煮40g
・シイタケ1個
・ピーマン1個
・B[水200ml、砂糖大さじ2、片栗粉大さじ1、酢大さじ2、しょうゆ大さじ1 1/2、ショウガ汁小さじ1、とりがらスープの素小さじ1]

作り方(調理時間20分)

(1)タラは1切れを4、5つのそぎ切りにする。Aをまぶして約5分おく。Bは合わせる。

(2)シイタケは石づきをとり、薄切りにする。ニンジンは長さ4cmのせん切りに、タケノコは繊維にそって長さ4cmのせん切りにする。ピーマンは縦半分に切って種を除き、縦に細く切る。

(3)タラはペーパータオルで水気をふき、片栗粉をまぶす。

(4)フライパンに油小さじ2を中火で温め、タラを入れて2~3分、全面を焼く。皿に盛る。

(5)油小さじ1をたし、ニンジン、タケノコ、シイタケ、ピーマンを順に入れていためる。しんなりしたらBを再び混ぜて加え、混ぜながらひと煮立ちさせてとろみをつける。(4)にかける。

献立の例 もやしとザーサイの中華あえ、ごはん、杏仁豆腐

ひとくちメモ

とろみをつける とろみをつけるのは、片栗粉の役目。今回は水で溶かずに直接調味液に。ムラなくとろみがつくよう、混ぜながら加熱します。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2020年10月24日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド