輝くネジ、蘇る思い出の品 町工場でサビ落とし・修理

NIKKEIプラス1

メッキや溶接など消費者とは縁がなさそうな事業を手掛ける町工場。趣味や日曜大工など個人のニーズに対応してくれるところが増えている。オーディオの部品を頼んでみた。

記者が所有する古いステレオ機器の外装を飾る金色のネジはサビで黒ずんでいる。ケーブルを差し込む端子も金メッキが薄れて下地の色が出ていた。ピカピカにしてくれる専門工場はないものか。そもそも個人で頼める工場ってあるのだろうか?

白い下地が見えていた部品が金メッキで輝きを取り戻した(東京都足立区の金子メッキ)=三浦秀行撮影

「個人の方のご相談もお受けします」。インターネットで検索するとあっさり見つかった。ホームページの説明が丁寧な創業約60年の金子メッキ(東京・足立)に相談することにした。

メッキは金属を含んだ液体につけて電気を流すなどして、金属やプラスチックの表面に金やニッケルなどの薄い膜を張る加工。金子メッキは装身具やボタンのメッキ加工が中心だが、6~7年前から「町工場の技を一般の人にも知ってもらいたい」(金子篤嘉常務)と個人からの受注を始めた。電話やメールで内容や見積もりをやりとりし、料金は税込み1万1000円から。納品は宅配便の代引きで納期は1カ月程度が基本だ。

記者はネジと端子すべてに金メッキをかけてもらうつもり満々だったが、ネジの金色は素材の真ちゅう本来の色であったことが判明。メッキ工場の基本メニューである酸処理で表面のサビを落とし、軽く磨いてもらうことにした。端子は一般製品の10倍以上という0.5ミクロン厚の純金メッキをかけてもらった。仕上がりは見事にピカピカ。しめて2万2000円かかったが満足感は高かった。

ピカピカになったネジや端子

個人の問い合わせは全国から入り、多い日で10件ほど。さびたりメッキが薄くなったりした装身具や楽器の部品などの修復依頼が多い。名古屋市の金原義治さん(60)は高校進学時に父からもらった楽器バンジョーの金属部の金メッキをかけ直してもらった。7万円かかったが、「思い出の品を蘇(よみがえ)らせたかった」。

金メッキで新品のようになった金原さんの思い出の楽器
注目記事
次のページ
個人の注文つなぐ窓口も