オンラインバスツアー 90分で名所巡り、ズームで交流

NIKKEIプラス1

コロナ禍で遠出を控えイライラを募らせていると、自宅で楽しめるオンラインツアーへの参加を勧められた。五感で味わうのが旅の醍醐味では? 半信半疑で「出かけた」。

まず、参加したのは琴平バス(香川県琴平町)のツアーだ。今春からパソコンやスマートフォンを活用し、日本各地をバスで観光する商品を発売。現在約10コースを扱う。

空きのあった琴平周辺を巡るツアーを予約する。代金は1人4980円。東京から琴平までの往復の交通費(新幹線利用)と宿泊代が合計5万円程度かかるのに比べて10分の1だ。

出発日の数日前、ガイド冊子や土産品など「ツアーパッケージ」が自宅に届いた。そのうちの一つ「讃岐巻物うどん」は当日調理するので、まな板と包丁を用意するようにとの注意書きがあった。気づけば旅行気分に浸っていた。

当日の出発時間は午前10時。オンライン会議システム「Zoom」につなぎ、高松空港に集合した。「ようこそ、おはようございます」。画面はバス車内に替わり、ガイドの山本紗希さんが笑顔で迎えてくれた。事前に届いた紙製のシートベルトを装着し、バスに乗った気分が高まる。

ツアーには東北や九州などから9組13人が参加した。画面上に映る同乗者と簡単な自己紹介。自宅だからマスクを付けなくてもいい。記者はTシャツ姿だったが、妻に促され襟付きシャツに着替える。最低限の身だしなみは必要なのかも、と少し反省した。

移動中は地元にちなんだクイズ大会などが開かれ、あっという間に到着する。現地ガイドの案内により、1835年に建てられた日本最古の芝居小屋で国の重要文化財、旧金毘羅大芝居「金丸座」などをライブ映像を見ながら歩く(気分になる)。

最後は「中野うどん学校」に到着。元気な“おばちゃん”先生から、讃岐うどんの歴史や作り方を教わる。先生が小麦粉を足踏みしたり、もみ続けたりする作業では、手拍子を打ち参加していた。

ここで自宅に届いた巻物うどんの出番だ。巻物とは切ってうどんにする前のもの。先生の指示に合わせ参加者全員が包丁で細く切る。「きれいに切れてるねぇ」。ネットを介した賛辞がうれしい。その後、解散。あっという間に90分の旅が終わった。

千葉県から夫婦で参加したよしちゃん(ニックネーム)は「妻の予約で嫌々の参加だったが、予想を裏切られた」と顔をほころばせる。四国に旅行する予定だったが、コロナ禍で断念。「リアルな情報を知ることで香川への興味が膨らんだ」(よしちゃん)

注目記事
次のページ
若い世代・親子連れに人気