銀座でキャンプ用品やバッグ充実 石井スポーツが新店

日経MJ

2020/9/30
商品を手に取りやすく工夫した(東京・銀座の石井スポーツ マロニエゲート銀座店)
商品を手に取りやすく工夫した(東京・銀座の石井スポーツ マロニエゲート銀座店)

ヨドバシホールディングス傘下の石井スポーツ(東京・新宿)は東京・銀座に6月、「石井スポーツ マロニエゲート銀座店」をオープンした。石井スポーツはスキーや登山用品を扱う専門店として知られるが、新店ではキャンプ用品の品ぞろえを充実させた。初心者でも立ち寄りやすいように、見本品の展示を増やした。アウトドア人気の高まりに合わせて、顧客層の拡大を狙っている。




コロナ下でもキャンプ消費は好調

「石井スポーツは以前から知っていましたが、少し立ち寄りにくいイメージがありました」

石井スポーツのマロニエゲート銀座店を訪れた30代の女性客はそう語る。「初めて知る商品が多く、見ていて楽しい」と話しながら、週末に使う予定のキャンプ用品をじっくりと選んでいた。

同店では石井スポーツとしては初めて、キャンプ用品を売り場の前面に打ち出した。銀座という立地もあって、来店客数の過半が女性で、家族連れの姿も目に付く。オープンから3カ月余りが経過したが、「これまでの店舗とは違う客層を取り込めている」(石井スポーツ)と手応えを感じている。

商品の陳列の仕方も、石井スポーツの従来店とは異なる。これまでは、登山靴やリュックサックなどの登山用品を所狭しと並べ、できるだけ多くの商品を陳列してきた。だがマロニエゲート銀座店では、手にとりやすさを重視して、よりゆったりとした売り場としている。

また石井スポーツの店舗では従来、「キャンプ用品はほとんど扱ってこなかった」という。だが今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、富士山の登山道が閉鎖されたほか、山小屋も営業期間を短縮したり、休業したりするケースが相次いだ。

外出自粛の動きは登山にも影響し、主力の登山用品の動きは鈍く、石井スポーツも例年と比べて苦戦を強いられたという。

その一方で、コロナ下でも比較的底堅く推移しているのがキャンプ用品だ。身近なスペースで、手軽に楽しめるレジャーとして人気を集めており、関連グッズも堅調だ。

こうしたコロナ下の需要の変化を踏まえて、9月に移転拡大した宇都宮駅前店では、キャンプ用品の取り扱いを以前よりも拡充。マロニエゲート銀座店で培ったノウハウを生かし、家族連れや女性客の来店につなげようとしている。

石井スポーツは19年4月にヨドバシホールディングス傘下に入った。グループのシナジー効果を追求するため、ヨドバシカメラの店舗やネット通販「ヨドバシ・ドット・コム」への出店を強化している。物流面の統合にも取り組み、グループの資源を活用して業績向上を図る考えだ。

(堺峻平)

[日経MJ 2020年9月30日付]

「Hot Zone」記事一覧


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram