小児用抗がん剤なぜ増えない 個人輸入でしのぐ患者も

小児がんの発症は年間2500人前後となっている(写真はイメージ=PIXTA)
小児がんの発症は年間2500人前後となっている(写真はイメージ=PIXTA)

先端的な抗がん剤などが次々に登場するなかで、小児用の薬がなかなか増えない。患者数が少なく臨床試験(治験)がしづらいうえに薬の形状や量の工夫に手間がかかり、製薬会社も敬遠しがちなためだ。個人輸入し、用量や服用期間がわからないまま不安を抱きながら使っている患者もおり改善を求める声は多い。

「おなかが痛い」。2006年のクリスマスイブに5歳の娘、一乃さんが腹痛を訴えたのを浦尻みゆきさんは鮮明に覚えている。近所のクリニックの診断は便秘。様子を見ることにしたが、5日後に体調が急変して専門病院の救急を受診し、神経芽腫というがんが破裂したことがわかった。

神経芽腫は0~4歳の乳幼児に多い病気だ。発症するのは年間約200人という珍しいがんで、診断時には全身に転移していることも多い。治療はまずシスプラチンやシクロホスファミドなど既存の抗がん剤を組み合わせて投与するのが一般的だ。必要に応じて放射線も併用する。

自身の血液を作るもとになる造血幹細胞をあらかじめ採取、保管しておき、抗がん剤治療後に移植する方法もある。病変部を摘出できる場合は手術もする。浦尻さんもこうした治療を経験し、いったん回復した。ところが4年8カ月後に再発し、厳しい治療を繰り返して何とか切り抜けた。

再発防止用の薬として米欧で使われているレチノイン酸のことは知っていた。もともとにきびの飲み薬で日本では承認されていない。最初の治療後は使わなかったが「自分を責め、今度は絶対に使うと心に決めていた」。医師に相談し個人輸入して服用した。そのおかげか、2度目の再発は起きていない。

「レチノイン酸は米欧では神経芽腫の再発を防ぐのに使うのが当たり前」(国立成育医療研究センターの富沢大輔小児がんセンター診療部長)。患者や家族の組織、神経芽腫の会のアンケート調査によると、回答者の約9割がレチノイン酸を「内服した」、または「内服中」と答えた。6割近くは個人輸入していた。

入手できても添付文書には子ども向けの用量の記載はない。未承認薬のため医師も必ずしも協力的ではない。「どの時点でやめるべきなのか、よくわからないまま服用を続ける人も多い」と浦尻さんは話す。

注目記事
次のページ
国内に開発促す動き
今こそ始める学び特集