powered by 大人のレストランガイド

秋にはやっぱり 切りもちで手軽に作る「3色おはぎ」

NIKKEIプラス1

秋のお彼岸に、おはぎを召し上がりましたか。うるち米ともち米を混ぜて炊くのがふつうですが、今回はもち米の代わりに切りもちを使って手軽に作ります。

ごはんを炊く水215mlは「計量カップ1+大さじ1」ではかるとよいでしょう。

浸水時間と炊飯時間は調理時間に含みません。

材料(2人分、1人当たり695kcal)
・米150g(米用カップ1)
・水215ml
・切りもち1個(50g)
・塩少々
・つぶあん(中身用)120g
・<あんこ>[つぶあん120g]
・<抹茶きな粉>[抹茶小さじ1/2、きな粉大さじ1、砂糖小さじ1、塩少々]
・<黒ごま>[すりごま(黒)大さじ2、砂糖小さじ2、塩少々]

作り方(調理時間30分)

(1)もちは4つに切る。米はとぎ、分量の水、もち、塩少々を加える。30分以上おいてから炊く。炊きあがったら、熱いうちに、すりこぎに水をつけてごはん粒が半分残る程度につぶす。

(2)中身用のつぶあんは6等分にし、丸める。

(3)<あんこ>(1)の1/4量を3等分し、丸める。<あんこ>用のつぶあんは3等分して丸め、ラップに包んで平らにのばす。丸めた(1)を包む。3つ作る。

(4)残りの(1)を6等分し、(2)のつぶあんを包んで丸める。

(5)<抹茶きな粉>抹茶は茶こしでこし、きな粉、砂糖、塩を合わせる。(4)の3個にまぶす。

(6)<黒ごま>すりごまに砂糖、塩を合わせる。残りの(4)にまぶす。

献立の例 せん茶

ひとくちメモ

おはぎとぼたもち 季節で呼び名が変わります。かつて秋のおはぎは皮がやわらかい新豆のつぶあんで、春のぼたもちはこしあんで作っていましたが、今は好みで選ぶことが多いようです。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2020年9月19日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。


メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド