タオル店・日本酒バー… オンライン接客を体験した

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

ウインドーショッピングや店舗での品定めは気乗りしない人もいるのではないだろうか。コロナ禍もありオンラインで接客を受けられる店が増えている。体験してみた。

まずはタオルメーカーのイケウチオーガニック(愛媛県今治市)が4月下旬に始めたオンライン接客を受けてみた。ビデオ会議システム「Zoom」を使い、時間は1回約40分で無料。すでに80組以上が利用しているという。

予約し、時間になると、パソコン画面から「いらっしゃいませ」。京都ストア(京都市)店長の益田晴子さんが、店頭から対応してくれる。

「ふわふわで吸水性も高いバスタオル」と記者の希望を伝えると、「2点紹介したいです」と益田さん。一つ目は「オーガニック520」。「見えますか」と、画面に近づけてくれる。パイル(表面の輪のような糸)が長めだ。水をよく吸うが、密度が高くないので、乾きは比較的早そう。手をグーにしてタオルをパンチしてくれ、何となくだが弾力も伝わってきた。

同様に、オーガニックコットンと竹の繊維の「バンブー540」も紹介してくれた。

触れないもどかしさはあるが、(1)やわらかい(2)しっかり(3)吸水性(4)速乾性の4軸に、タオルの種類をプロットしたマトリクス表も共有してくれる。他のタイプのタオルも見せてもらえば比較しやすい。

「520と540……」。気づけば品番で話していた記者。店頭だったらありえないだろう。商品名だけでなく、疑問や要望を言葉にしなければ伝わらないため、普段より少し面倒。ただ、その分自分の求めている点が明確になり、無駄な買い物は防げそうだ。

他のお客さんを気にする必要もないので、洗濯方法や自宅のバスマットに合うタオルの色まで聞いていた。結局、記者は520を購入。会話中、益田さんの「くるまれたらめちゃくちゃ幸せになる」の言葉が刺さった。

ネット通販で4月にチャット接客を始めたのが、アパレル大手のジュン(東京・港)。サイトでは、商品情報とともに「チャットで相談する」ボタンがある。ここを押すとメッセージを入力でき、相談に乗ってくれる。

晴雨兼用の傘を探していた記者。気になる傘は赤やベージュなど、多色展開。日傘としてはどの色がベストか。メッセージで尋ねると、ものの数分で「こちらの商品はUVカット効果があるので、お好きなカラーで問題ないと思います」と返事がきた。

さらに「お時間ください」と付記されており、その約1時間後、色ごとのUVカット率を丁寧に教えてくれた。

次のページ
画面越し お点前ちょうだいします
MONO TRENDY連載記事一覧