5歳唾液・わさび警報… 日本はイグ・ノーベル賞大国

NIKKEIプラス1

19年のイグ・ノーベル賞受賞時のトロフィーを掲げる明海大の渡部教授。
19年のイグ・ノーベル賞受賞時のトロフィーを掲げる明海大の渡部教授。

ノーベル賞のパロディー「イグ・ノーベル賞」が18日午前(日本時間)に発表される。2019年まで13年連続で受賞するなど、日本は世界有数のイグ・ノーベル賞大国。なぜ日本人の受賞が多いのか。

19年の授賞式での渡部教授(米ハーバード大)=共同

明海大学教授の渡部茂さんは昨年の受賞者。表彰された研究は「5歳児の1日に出す唾液分泌量」の調査だ。子どもに食べ物をかんでもらってそれを吐き出し、唾液量を調べる。30人で実験したところ1日約500ミリリットルのつばが出ることが分かった。それまで医学書には1日1~1.5リットル程度と書かれていた。

米ハーバード大学のメモリアルホールで開かれた授賞式では、渡部さんの3人の息子がかみ砕いた食べ物を吐き出し、会場の笑いを誘った。自腹で授賞式に出たのは、「普段、世間から顧みられない歯学の研究が認められて素直にうれしかったから」(渡部さん)。

イグ・ノーベル賞は「品がない」という意味の「イグノーブル」と「ノーベル賞」を掛けあわせた造語。1991年に科学雑誌編集長のマーク・エイブラハムズ氏らによって創設された。選考基準は「人を笑わせ、考えさせる」こと。「おバカな研究」の表彰と一般には思われているが、授賞式にはノーベル賞受賞の世界的権威がスタッフとして働き、過去にはイグ・ノーベル賞受賞者がその後、ノーベル賞に輝いたこともある。

日本人の受賞者は米英に次ぐ規模だ。立教大学特任准教授の古沢輝由さん(サイエンスコミュニケーション)は「日本人は真面目で『これだ』と決めたらコツコツやる。周囲の人も応援する。学問を尊ぶ風土が大量受賞につながっているのでは」とみる。

市民に科学の魅力を伝える日本科学未来館の科学コミュニケーター、田中沙紀子さんは「ノーベル賞もイグ・ノーベル賞も純粋に研究者が好奇心を突き詰めた結果である点で同じ。すぐに役立つか分からない基礎研究を長く続けてきた日本の科学研究の裾野の広さが背景」と指摘する。

粘菌が作った関東圏の鉄道ネットワーク。黄色い線が粘菌が広がった経路=公立はこだて未来大学高木清二准教授提供

一昨年に講演で来日したエイブラハムズ氏は「日本は、変わったことをする人に寛容でそれを誇りに思う国だから」と聴衆に説明した。科学研究者の琴線に触れるようなテーマが日本には結構多いということなのだろう。

古沢さんと田中さんがともに「日本人が受賞した研究の中で一番」と太鼓判を押すのが、北海道大学教授の中垣俊之さんの粘菌の研究だ。中垣さんはアメーバ状の粘菌を使った研究で2度、受賞した。1回目は08年の「認知科学賞」で、2回目は10年の「交通計画賞」だ。

1回目は、迷路の出口に餌をまき、粘菌が最短のルートで餌に到達する実験。単細胞生物が迷路やパズルを解く能力があることを証明したとして評価された。2回目は都市交通システムを粘菌に作らせた実験。関東地方の地図を基に東京、横浜など主要都市のある地理的位置に餌を置くと、粘菌はJRの鉄道路線と似た広がり方をした。

注目記事
次のページ
製品化された研究も
今こそ始める学び特集