最新の自転車専用レーン走った 駐車車両に邪魔されず

NIKKEIプラス1

コロナ禍で電車などが敬遠され、自転車人気が加速している。感染症・環境対策で優れるが、安全面では課題も多い。普及が進むシェアサイクルに乗り、最新の自転車専用道路を走った。

東京都文京区の東京ドームの北側を走る都道434号線の一部に、目新しい自転車専用レーンがこの春生まれた。車道の左側(歩道側)にあるレーンは青く塗られ、幅は約1.5メートルと十分な広さがある。ここまでは特に珍しさはない。目新しいのは、そのレーンの内側に駐停車枠があることだ。つまり、左側から(1)歩道(2)自転車レーン(3)駐停車枠(4)車道(2車線)と4つのレーンに分かれているのだ。

初めてシェアサイクルを借りて、最新レーンの走り心地を試した。内側に駐停車枠があるのは300メートル程度だが、その間は自転車レーンを塞(ふさ)いで止まっている車はない。目の前の視界は開け見通しがいい。駐車車両の左側を通る感覚は慣れないが、快適に走れる。強いて言えば、左ハンドルが多い外車の横を通るときにドアが急に開かないか緊張するのと、スピードの速い自転車が後ろを走っていると気を使う。ただ、総じて安全性は高いと思う。

そのまま、交通量の多い白山通りを走ってみた。自転車専用レーンはあるが、一部を除いて内側に駐停車枠はない。停車中のバスや駐車車両が数十メートルおきに自転車レーンを塞ぎ、追い越すたびに右後ろから迫る自動車との接触が気になる。後ろを振り返りながら専用レーンと車道を行き来するのは怖い。自動車側の目線でも、この自転車のジグザグ走行はとても怖い。

自転車が走れる歩道(いずれも東京都文京区)=三浦秀行撮影

都道の最新レーンを自転車でよく通る女性(45)は「歩行者も駐車車両も気にせず走れるので安心感がある。ただ、短すぎるので増やしてほしい」と注文する。

都内を走って改めて気づくのは、自転車の種類と乗り手によって走行スピードがかなり違うことだ。子供を2人乗せたいわゆるママチャリとスポーツサイクルでは、軽トラとフェラーリほど違う。自転車として一緒にくくるのは少し無理があると感じた。

実は、都道434号は歩道も自転車が通行できる。スピードの速い自転車は車道内の専用レーンを、子供を乗せた遅い自転車は注意して歩道を走る、というすみ分けができるのだ。自転車通行空間を整備する都では「限られた道路幅や交通量など地域の事情に応じ、歩行者、自転車、自動車がともに安全で快適に通行できるように整備していく」(建設局)としている。

注目記事
次のページ
気ままに走れば旅気分