powered by 大人のレストランガイド

韓国「コロナ」でプチ贅沢 牛ステーキ100グラム900円

日経MJ

国産牛は特に人気が高い(ソウル市内の大型スーパー)
国産牛は特に人気が高い(ソウル市内の大型スーパー)

焼き肉文化が根付く韓国で国産牛の価格が上がっている。6月に最高ランクの1等級ステーキ肉が初めて100グラム1万ウォン(約900円)を突破した。長期的な物価上昇に加え、新型コロナウイルスに伴う政府の支援金を受け取った消費者が「プチ贅沢(ぜいたく)」として高級肉に手を伸ばしたのが要因だ。

政府機関の畜産物品質評価院が集計する「1等級ステーキ肉」の店頭価格は年明け以降、9000ウォン前後で推移してきた。それが支援金が支給され始めた5月中旬に急上昇し、6月3日に史上初めて1万ウォンの大台に乗せた。牛肉のほか豚三枚肉(サムギョプサル)も人気で、年明け以降に牛肉は10%超、豚肉は40%程度上昇した。

韓国政府の「緊急災難支援金」は世帯人数に応じて全国民に一律支給された。金額は4人以上の家族で100万ウォン(約9万円)、単身世帯で40万ウォンだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「すべての国民が苦痛と努力に対して補償を受ける資格がある」として、当初の所得制限を撤廃し、支給対象を全国民に広げた。

支援金は、感染症の影響で収入減少に苦しむ個人を救うだけでなく、外出自粛に伴い販売低迷に悩む流通・サービス業にも恩恵をもたらした。

カード社会の韓国らしくクレジットカード会社のポイントの仕組みを活用し、8月末までという有効期限付きで給付した。カードを持たない人も地域の住民センターで手続きすれば期限付きのプリペイドカードを受け取れる。貯金に回せないため、多くの人が普段とは違う消費を楽しんだ。

ソウル市城東区に住む主婦(48)は「普段、国産牛は高くて頻繁には食べられない。支援金が出たから20万ウォン(約1万8000円)分のステーキ肉を買って家族で楽しんだ」と話す。

多くの消費者が支援金を使い切った今、高級肉は下落傾向にある。牛ステーキ肉は7月1日に100グラム1万251ウォンの最高値を付けた後、足元では1万ウォンを下回る。バカンスシーズンを迎える7~8月は、6月と比べて高級肉は値上がりする傾向があるが、支援金というカンフル剤が切れた今年は状況が異なるようだ。

(ソウル=細川幸太郎)

[日経MJ 2020年8月24日付]

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド