エコバッグ清潔に保つ方法 3回使ったら洗うのが目安

NIKKEIプラス1

三浦秀行撮影
三浦秀行撮影

レジ袋の有料化で買い物に欠かせなくなったエコバッグ。食材を入れたあとに野菜くずなどのゴミが残ったり、水滴がこぼれたりする。どんな手入れをするといいのだろう。

食材を入れるエコバッグは汚れやすい。肉や魚、総菜から汁がこぼれることがあるほか、野菜のくずや土が落ちる。雨にぬれたり、冷凍食品などの水分で湿ったりしたままでは、菌が繁殖しやすい。放っておくと、においやカビの原因になる。

防水スプレーやポリ袋を使って

家事代行サービスのベアーズ(東京・中央)副社長で家事研究家の高橋ゆきさんは、普段の手入れとしてまず、エコバッグの外側についたほこりなどを払い落とすことをすすめる。次に裏返して土やくずを払い、古い歯ブラシで両面を軽くブラッシングする。「汚れがたまりやすい底や縫い目もブラシをかける」(高橋さん)。こうすると、清潔に保ちやすい。

あらかじめ汚れないように対処しておくことも大事だ。衣類用の防水スプレーをしておくと、汚れやシミがつきにくくなる。肉や魚、総菜などは薄いポリ袋に入れる。野菜も根元をポリ袋に入れてからエコバッグにしまう。

汚れてしまったら、洗濯などが必要だ。花王の生活者研究センター、福地奈津子さんによると「これまでエコバッグを洗うという発想はあまりなかった」。だが、きちんと洗って清潔に保てれば、繰り返し使うことができる。

最初に、洗える素材かどうか確かめる必要がある。洋服と違い、エコバッグには洗濯の取り扱い表示の義務がない。表示のないものは購入時の取り扱い説明を見るか、買った店などに聞いてみる。福地さんは「ナイロンや布など単一素材であれば、洗える例が多い。異なる素材を組み合わせた保冷バッグのようなものは洗えないことが一般的」と説明する。

注目記事
次のページ
裏返しネットに 麻や綿は手洗い