日本一のコイ養殖地、茨城 バーガーや冷凍食品に活路

郷土料理「コイの甘煮」も人気商品
郷土料理「コイの甘煮」も人気商品

茨城県は日本一のコイ養殖地だ。霞ケ浦・北浦地域では毎年1000トン前後を生産する。古くから栄養食とされた伝統食材だが、なじみがない人が多いうえ、調理も難しく、需要は年々減少している。観光施設でコイを使ったバーガーを取り扱ったり、切り身を瞬間冷凍して通信販売したりするなど、地元関係者は普及策に腐心している。

コイは他の川魚と同様、さばかずに生きたままの状態で流通してきた。うろこが大きく骨も硬いため、一般家庭はもちろん料理人でもさばくのが難しい。養殖が盛んになる前から湖の天然コイを食べてきた霞ケ浦地域でも取扱店は減っている。

危機感を抱いた霞ケ浦漁業協同組合(茨城県行方市)や生産者はコイの切り身を瞬間冷凍し、真空パックにした商品「凍結コイフィレ」を開発した。漁協の根本一良さんは「生きたままさばき、すぐに冷凍しているのが売り」と話す。料理人はさばく手間が省ける。

「常陸秋そば 筑山亭 かすみの里」は凍結コイフィレを天ぷらで提供している

そば店「常陸秋そば 筑山亭 かすみの里」(同県土浦市)は凍結コイフィレを天ぷらで提供している。店主の長峰淳さんは「キスの味を少ししっかりさせた感じで、ほろほろと身がほぐれるのは川魚特有」と説明する。地元食材で県外客を呼び込もうと思案する中で、子どものときから食べていたコイに行き着いた。湖で取れた天然物を食べていた当時は泥臭かったが、現在は餌を管理した養殖物のため臭みは全くないという。県外客を中心に人気だ。

凍結コイフィレは産地直産食材の通販サイト「ポケットマルシェ」で一般向けにも販売。500グラム入りと250グラム入りの2種類を用意し、天ぷらなどの揚げ物のほか、「コイの洗い(刺し身)」でも食べられる。

「鯉パックン」はチキン南蛮に近い味付け

観光関係者も売り方を模索する。霞ケ浦に臨む土産物店「行方市観光物産館こいこい」は「行方バーガー」の一つとして「鯉(こい)パックン」を販売。油で揚げ、甘いしょうゆだれにくぐらせてから、タルタルソースをかける。チキン南蛮に近い味付けだ。これをバンズに挟めば出来上がり。行方市商工会が10年ほど前、観光振興のために考案した。物産館では地元で昔から親しまれてきた郷土料理「コイの甘煮」も取り扱っており、人気商品になっている。

霞ケ浦漁協には凍結コイフィレで作った甘煮の写真が女性客から届いた。新型コロナウイルス禍で外出しにくい日々が続くが、自宅でコイ料理に挑戦してみるのも楽しそうだ。

<マメ知識>地下水でうまみ引き出す
霞ケ浦・北浦でのコイの養殖は1965年ごろに始まった。春先に池で産卵・ふ化させて、一定の大きさになるまで育てる。秋までに湖上の網いけすに移し、1~2年育成する。重さ1~1.5キログラムほどのものが最も売れるという。
出荷前には清浄な地下水が流れる「しめ池」と呼ぶ池に移すことで、内臓をきれいにして身のうまみを引き出す。茨城県内での生産量は82年のピーク(8670トン)から減少が続いており、2019年は約30生産者で970トンにとどまった。

(水戸支局 島崎直人)

[日本経済新聞夕刊2020年8月6日付]

注目記事