まぶたは心と体の異変の鏡 脳や内臓疾患のサインかも

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

まぶたは心と体の異変を映し出す鏡だ。ピクピクしたり目が開けづらかったりするのは脳神経に原因があることもある。むくみや黒ずみは腎臓の不調や薬の副作用かもしれない。仕組みを知り適切に対処したい。

まぶたは、目を乾燥や異物の侵入から守る「目の蓋」としての役割を果たすとともに、顔の表情を作り出している。さらに、井上眼科病院(東京・千代田)名誉院長の若倉雅登さんは「まぶたの異変は全身や脳の状態をも表していることがある」と指摘する。

例えば、まぶたの腫れが続くときは腎臓や甲状腺の病気のサイン。黒ずんだり白くなったりするのは皮膚病、薬の副作用、貧血のこともある。

疲れたときやストレスを感じたときにピクピクと動くのは、疲労によって筋肉が勝手に動いてしまう「眼瞼(がんけん)ミオキミア」だ。多くの人が経験し、自然と治ることが多い。

ただし、症状が頬や口元などに広がる場合は、「片側顔面けいれん」の可能性がある。顔の表情筋を動かす神経が血管に圧迫されて起こる病気で、自然に治ることは少ない。症状の程度や年齢に応じて、薬物治療(ボトックス注射)や手術治療が行われる。

「自然とまぶたを閉じてしまう」「目を開けにくい」などの運動障害は「眼瞼けいれん」が考えられる。目を開け閉めする脳のスイッチが壊れた状態だ。発作的に目をつぶるため、ものにぶつかったり自動車事故を起こしたりすることもある。

眼瞼けいれんが軽症や中程度の場合、運動障害としてではなく「まぶしさ」「痛み」などの感覚過敏の症状と捉えて、ドライアイ、眼精疲労などと診断されるケースも多い。こうした例を含めると患者数は10数万人と推定されている。眼瞼けいれんは自分の意思にかかわらず動くので、医療機関で改めて、まばたき検査(瞬目テスト)を受けることで区別できる。

眼瞼けいれんでは抑うつなどの精神症状を伴うことも多い。若倉さんは、不安や不眠の治療に用いられる薬剤の長期服用が眼瞼けいれんの原因になりやすいと指摘する。

仕事や日常生活で支障が生じる場合は、治療が必要になる。ボトックス注射が有効で保険適用になる。長年、ドライアイや眼精疲労で悩んでいた患者が神経眼科の瞬目テストで眼瞼けいれんと診断され、適切な治療や服用薬の見直しで改善することも多い。

まぶたが下がり「いつも眠そうに見える」「視野の上部が欠けてものにぶつかる」といった症状を訴えるのが「眼瞼下垂」だ。眼瞼挙筋というまぶたを上げる筋肉や腱の働きが加齢で衰えることが原因で、誰にでも起こりうる。若年や中高年でも、コンタクトレンズ装着時に過度にまぶたに刺激を与えたり、まつ毛美容液を使ったりすることで誘発されることもある。

治療は手術が中心。眼瞼挙筋の緩みを切除する。札幌医科大学病院(札幌市)の山下建講師は「運転時に信号が見えない、手でまぶたを持ち上げないと眼科検査ができないといったときは、症状がかなり進んだ状態」と解説する。

最近は、活動的な高齢者が増え、早めの手術を希望する例も増えている。難しい手術ではないが、切開する場所や範囲が1ミリメートル違うと顔の表情が変わることもある。年間の手術件数が豊富で手術後の変化などについてよく説明してくれる医療機関を探したい。

このほか、注意したいのは悪性腫瘍(がん)だ。山下講師は「まぶたのほくろや小さなコブが急に大きくなった場合は、がんの一種(基底細胞がん、脂腺がんなど)の可能性もある」と話す。自分のまぶたについて「何かおかしい」と感じたときは一度、専門外来で相談したい。

(ライター 荒川直樹)

[NIKKEIプラス1 2020年7月25日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント