「3密」避け公演再開の動き 安全と音楽の両立を模索「ウィズコロナ」のクラシック(上)

感染症対策の実証実験をした東京都交響楽団と音楽監督の大野和士(中央)
感染症対策の実証実験をした東京都交響楽団と音楽監督の大野和士(中央)

新型コロナウイルスの影響で休止していたクラシック音楽の公演が徐々に再開し始めた。「3密」の回避と演奏の質の両立、客席数の減少に伴う採算難といった難題が待ち構える。

舞台の景色が大きく変わった。隣り合わせだったオーケストラの奏者が横80センチ以上、前後1.5メートル以上空けて座る。管楽器奏者の近くには飛沫を防ぐアクリル板。東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターの依田真宣は「リハーサルから普段以上にアイコンタクトを取ったり、動きを大きくしたりした」と語る。楽団員の意識も以前とは違ったようだ。

政府が示す屋内イベントの上限目安が100人から1000人に緩和された2日後の21日。東フィルはオーチャードホール(東京・渋谷)で、4カ月ぶりに定期公演を開いた。感染対策を徹底し、演奏は2曲のみで、通常は約2時間のところを1時間に短縮。客席数約2000に対し、入場者は約600人に絞った。

経済の正常化へとかじを切る国や自治体はイベントの制限緩和を進めるが、現場ではかつてない試行錯誤が続く。ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保と質の高い演奏を両立するのは容易ではない。

東京都交響楽団は11、12日、感染症や飛沫対策の専門家を交え、検証実験をした。奏者間を2メートルから徐々に詰め、最後は1メートル弱で演奏。専門家からは「飛沫はさほど出ていない」などの意見が出たが、海外では弦楽器で1.5メートル、管楽器で2メートル離すべきだとする検証結果もある。対策は緒に就いたばかりといえる。

注目記事
次のページ
大編成や合唱困難
今こそ始める学び特集