立ってデスクワークしてみた 30分のうち数分でも効く

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

“痛勤”ラッシュから解放され、在宅勤務の快適さを実感した人は多い。一方で座ったままの姿勢で腰痛などに悩まされる人も。注目を集める“立ち仕事”を記者(29)が体験してみた。

立ち仕事が注目を集めるのは、「座り続けることが健康に良くない」からでもある。早稲田大学教授の岡浩一朗さんによると、人間の筋肉の約7割が下半身に集中し、座り続けると下肢の筋肉が衰える。糖や脂肪などの代謝が落ち、肥満や血糖値の上昇につながるという。

また、ふくらはぎの筋肉などが衰えると下半身の血液を上半身に戻す血管に負荷がかかり、高血圧などになりやすい。「一日単位では大したことがなくても、何年間も続くと健康を損なうリスクが高まる」(岡さん)

同じ姿勢で座り続けると、肩こりや腰痛にもなりやすい。こうした短期的な身体への負担は在宅勤務で記者も実感していた。

では、どれくらいの頻度で立ち仕事をすればいいのか。岡さんは「まずは定期的に立つことを習慣化することが大切で、30分の間に数分立つ時間をつくるだけでも効果は大きい」と指摘する。目安として、仕事の4分の1の時間を立ってするといいそうだ。

岡さんのアドバイスをもとに約1週間試してみた。45分間の座り仕事と15分間の立ち仕事を繰り返した。運動不足が続いていたためか、初日は足の甲やかかとに疲れがたまった。3日もたつと、立ち仕事に慣れて30分以上続けても苦にならなくなった。

仕事の効率アップにもつながった。座り仕事の時間は取材テーマの検討や記事の構成、執筆などじっくり取り組みたい仕事に充てた。一方、立っている時間は上司や同僚とのメールや電話など要領よく進めたい仕事をこなした。制限時間を意識することで、いつも以上にメリハリをつけた仕事ができたと実感した。

立ち仕事でも、目線の高さを変えることで進捗状況が変わった。資料を見比べる作業などは、広い視野で見られる腰の高さの机に書類を置いた。パソコンと“にらめっこ”するときは目線の高さに持ち上げるなど立ち仕事に変化を加えた。10日間続けると、朝の寝覚めが良くなったほか、首や肩腰など上半身の疲れも軽減された。

もっとも単純に立つだけだが、仕事の内容で場所を変えたり、ノートタイプのパソコンを持ったりするのは手間がかかる。そこで“援軍”になるのが昇降式のデスク。お笑いコンビ、オードリーの若林正恭さんが、昇降机を購入してネタ作りなどに利用しているとインスタグラムに投稿するなど注目されている。通販サイトなどでは1万円以下で購入できる製品もある。

昇降机は立ち仕事の味方(東京都港区のオカムラ)=三浦秀行撮影
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
学校や塾でも立って学ぶ時間
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント