梅雨どきは寝具のカビに注意 湿気を飛ばす一工夫

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

カビが生えやすい季節となった。浴室など水回りに注目する人は多いが、敷布団や掛け布団といった「寝床周り」のカビに悩まされている人も少なくない。寝具の適切なお手入れ法を住生活ジャーナリストの藤原千秋さんが解説する。

◇   ◇   ◇

ここ20年ほど、家事についてヒアリングを行っている。そのなかで際だって語られにくいのが寝具のお手入れだ。あまり習慣としていないということだろう。特に寝具にカビを生やしてしまった場合、人の口がますます重くなる傾向がある。

寝床のカビは敷布団や掛け布団だけではなく、ベッドのマットレスやフローリングにも及ぶ。カビは目に見える状態まで育つのに一定の時間がかかることもある。生え始めはただの汚れやシミのように見え、見過ごされやすい。だが、その間にもどんどん増えていくので、注意が必要だ。

就寝中の汗対策 タオルやラグで

まず心がけたいのは、寝具にできるだけ汗が染み込まないようにすることだ。カビは水分を好む。個人差はあるものの、一晩に出る汗の量は180~500ミリリットルにのぼり、寝具はカビの温床になりやすい。

おすすめは、シーツの上にタオルを敷き込むこと。頭や背中、腰の位置など特に湿りやすい位置に敷く。敷布団でも、ベッドで寝ている場合でも同じだ。敷き込んだタオルは2~3日おきに交換するようにしたい。

近年、フローリングに布団をじかに敷き、日常的に片付けない万年床が増えている。床と布団の温度差で結露が起こり、カビが発生しやすい。

フローリングに布団を敷くなら、床と布団の間にラグを挟むといい。ラグがある程度湿気を吸ってくれる。できればラグの上に吸湿マットも敷き、水分をそこで食い止めるようにしたい。ただ、この状態でも、万年床が続けばカビだらけになる。週に1度程度は敷布団やラグを天日干しするか、せめて壁に立てかけるなどして水分を飛ばす作業をしたい。

ベッドでも木材の土台が湿気を吸収しきれない場合がある。マットレスとベッドパッドの間に吸湿マットを敷くと、カビを防ぎやすくなるのでおすすめだ。吸湿マットも定期的に天日干しすることを忘れないようにしたい。

注目記事
次のページ
扇風機や乾燥機 効果的に活用を