多和田葉子、初の3部作 若者らの言語をめぐる旅

「読めば読むほど分からなくなる人物を書きたい」と話す多和田葉子
「読めば読むほど分からなくなる人物を書きたい」と話す多和田葉子

国際的評価の高い作家の多和田葉子が初の3部作に挑んでおり、第2部が刊行された。若者たちの言語をめぐる旅はデンマークへ。越境の時代を象徴する様々な人間関係が描かれる。

ドイツ・ベルリンに住み、日本語とドイツ語の両方で創作している。大災厄が原因で鎖国状態の日本を描いた表題作などで構成する小説集「献灯使」で、2018年に全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞した。ノーベル文学賞の候補とも目されている。

以前は「詩を作っていることもあり、小説もきっぱり終わる方が良いと考えていた」ため、シリーズ作は書いてこなかった。もっとも、コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」など、シリーズ作のファンではある。

継続的な関係を

「その楽しさの理由は登場人物たちがエピソードを超えて生きるところにあるのではないか。家族や友人に対する気持ちと一緒で、行方がずっと気になる。こうした継続的な関係っていいなと思って始めました」

18年刊行の「地球にちりばめられて」(講談社)に始まる初の3部作は、欧州留学中に日本とおぼしき「母国の島国」が消失してしまった女性Hirukoが主人公。スカンジナビア半島で、ほぼ意味が通じる人工語「パンスカ」を生み出した彼女はデンマークの青年クヌートと一緒に、自分と同じ母語を話す人を探す旅に出る。

ドイツ・トリアーではインド出身でトランスジェンダーのアカッシュ、ドイツ人の女性ノラと知り合う。ノルウェー・オスロで会った自称日本人の青年ナヌークは、日本人を演じていただけだったが、Susanooという日本人がフランス・アルルですし職人をしているとの情報を得る。いざ訪ねるが、彼は言葉を発せず、クヌートは失語症を疑う。

3部作の第1部「地球にちりばめられて」(左)と第2部「星に仄めかされて」

第2部「星に仄(ほの)めかされて」(同)はSusanooが入院するデンマークの首都コペンハーゲンの病院が主な舞台。一風変わった医師ベルマーがいて、Susanooが「ツクヨミ」と呼ぶムンンらが半地下で皿洗いをしている。そこにHirukoやクヌートが集まる。

「病院の設定は(「ダンサー・イン・ザ・ダーク」などの映画で知られるデンマークの)ラース・フォン・トリアー監督の人気テレビドラマ『キングダム』から間借りしています。『地球にちりばめられて』の冒頭にも、クヌートがトリアー監督を見かける場面が出てきますが、伏線といえば伏線なのかもしれません」

言葉遊びは健在

「日本でボーイフレンドを借りること(『恋人代行サービス』)がはやっているという報道がドイツであり、面白いなと感じました。そこで(ドラマに登場する)人物までお借りすることにした」と話す。ユーモア精神は多和田作品に欠かせない言葉遊びの源であり、それは今作でも健在だ。

恋人ノラから逃げ出すようにコペンハーゲンにやって来たナヌークは、医師のベルマーと「性格」を交換する。「小説を読み、この登場人物は嫌だと感じることはあるが、そう断じてしまうだけの付き合い方では面白くない。読めば読むほど分からなくなる人物にしたい」。確かに、クヌートの母は息子から見れば面倒な存在だが、恋する女性という顔も持つ。見方次第で人物像がガラリと変わるなら、性格交換ぐらい不思議ではないということか。

第3部でHirukoらは船旅に出る予定。「新型コロナウイルスの感染拡大でクルーズ船での旅のイメージはだいぶ変わってしまいましたが」と苦笑する。

旅する作家として知られるが、コロナ禍の影響で、ここ数カ月これまでのような活動はできなかった。「ヨーロッパは早くからシャットダウン(都市閉鎖)されましたが、ドイツはイタリア、フランス、スペインに比べれば規制は厳しくなかった。他の国や街に行くことはなかったが、ベルリンでは比較的健康な生活を送りました」

旅に対する考え方が変わったという。「旅はもちろん大切ですが、やみくもに行くのはやめたい。きちんと準備して本当に見たいものを見て、帰ってきたらその旅について振り返って調べる。そうやって自分の中で最大限に膨らませたい」。一つ一つの旅の質を高めることを重視する。

(編集委員 中野稔)

[日本経済新聞夕刊2020年6月8日付]

注目記事
今こそ始める学び特集