アトピー新薬、自宅で手軽に注射 かゆみの原因抑える

注射することで、アトピー性皮膚炎の症状を抑える新薬が登場した。患者本人が自分で注射することもでき、何度も通院しなくても自宅で手軽に利用できる。高額だが、外用薬が効きにくかった人にも効果がある事例も多い。ただ、症状の改善には既存薬との併用が必要不可欠だと専門家は指摘する。

デュピクセントは二の腕などに注射するアトピー性皮膚炎治療薬だ=広島大学病院田中暁生准教授提供

40年間苦しんだかゆみからようやく解放された――。広島県に住む40歳代の男性は、幼少期から悩まされてきたアトピー性皮膚炎の症状が改善した。担当医師から処方されたのは、2018年にサノフィが発売したアトピー性皮膚炎の注射薬デュピクセント(デュピルマブ)。皮下注射することで、かゆみの原因たんぱく質の働きを抑える。

アトピー性皮膚炎は、かゆみや赤みを伴う皮膚の病気だ。アレルギー疾患の一つで、日本に約51万人の患者がいるとみられる。

これまでは、ステロイド外用薬やタクロリムス軟こうなどの塗り薬、かゆみ止めなどの飲み薬で症状を緩和する治療が一般的だった。しかし、「症状が重いと塗り薬で効果を実感できない患者も多い」と広島大学病院の田中暁生准教授は話す。

そこで登場したのが注射薬のデュピクセントだ。田中准教授はこれまで30人弱の患者に処方した。「多くの人に共通してとてもよく効く」という。

通院の負担減

さらに患者にとって福音となったのは、19年5月から在宅での注射が認められたことだ。自己注射の場合、最大で約3カ月分(6本)の注射薬が一度の診察で処方される。医療機関での注射投与の場合は、2週間に1回の通院が必要だったため患者にとって負担が減った。

初回に医師が600ミリグラムを注射し、二回目以降は300ミリグラムずつ自己注射する。太ももや二の腕、へそ周り以外の腹部など、重要な器官が少ない部位に皮下注射する。かゆみや痛みがある場所は避ける必要があるという。薬は冷蔵庫で保存する必要があるが、京都大学の大塚篤司特定准教授は「注射時には室温(セ氏25度)程度に戻すと注射の痛みが和らぐ」とコツを話す。

アトピー性皮膚炎は、「Th2」と呼ぶリンパ球が分泌する様々なサイトカイン(たんぱく質)が、皮膚のバリアー機能を低下させたり、炎症を強めたりすることで引き起こされる。デュピクセントは、「インターロイキン(IL)―4」と「IL―13」と呼ぶかゆみの原因をつくるサイトカインの働きを阻害する。症状の緩和を狙う外用薬や飲み薬とは違い、かゆみの根本原因を体内から取り除こうとするため、効果が高いとみられる。

注目記事
次のページ
薬代は高額
今こそ始める学び特集