ビデオ会議でおじさん同窓会 操作に戸惑いも「便利」

NIKKEIプラス1

ビデオ会議システムのZoomを使って、大学の同期とゴールデンウイークにオンライン飲み会
ビデオ会議システムのZoomを使って、大学の同期とゴールデンウイークにオンライン飲み会

パソコンなどを介し、リアルタイムの動画で行う「ビデオ会議」システムが、コロナ禍による在宅勤務の広がりで普及している。同窓会などプライベートでも使えないか、試してみた。

取材の仕事ではビデオ会議が当たり前になりつつある。企業の広報も担当者も記者も在宅。プレゼンツールを画面に映しながら担当者が概要を説明し、その後、質疑応答をする。「画面共有」の機能が便利で、パソコン、スマホで開いた文章やプレゼン画面などをそのまま参加者全員に見せることができる。ビデオ通話ではなく、「ビデオ会議」と銘打つのは画面共有機能によるところが大きい。

参加者の多さも特徴だ。Zoom(ズーム)の場合、無料版アプリでも100人が参加でき、25人の姿が同時に表示される。発言している人がズームアップされるので、会議の進行もスムーズだ。

「とても便利。一度やってみない?」。高校の同窓会メンバーに呼びかけて、4月半ばにZoomでビデオ会議を開いた。今年は母校の創立100周年。記念誌編集の打ち合わせに使ってみた。

どんな写真を載せるか候補を見せながら意見交換。「自分の家や姿が映るのは抵抗がある」という先輩の女性や、パソコンではうまくつながらなかったとスマホで参加する同期の女性などいろいろな参加形態となった。

Zoomを使って、高校の創立100周年記念誌の編集会議を開いた

最大の反省点は進行役を務める自身の操作の不慣れ。写真を見せるのにいろいろなフォルダから引き出したため、参加者を待たせてしまった。事前にプレゼンツールに写真を張り付けるなど準備しておけば、手際よく進んだはず。「改善すれば正式な同窓会の役員会もできる」と肯定的な評価が多かった。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
利用者急増、広がる用途
MONO TRENDY連載記事一覧