国内20万人超す潰瘍性大腸炎 重症患者にも新薬の福音

大腸に炎症が起きる難病の「潰瘍性大腸炎」を効果的に治療する新薬が相次ぎ登場した。標準的な治療で使うステロイドが効かない場合の選択肢が増え、中等度から重症の患者にとって福音になっている。一方で、薬の使い分けについての明確な基準がまだ無く、治療現場では模索が続いている。

潰瘍性大腸炎は新薬が相次ぎ、治療の選択肢が増えた(大阪府高槻市の大阪医科大学付属病院、同大学提供)

兵庫県に住む20歳代の女性は潰瘍性大腸炎を患い、兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市)を受診した。ステロイドや複数の医薬品を使ったが、副作用が出るなどして症状が思うように改善しなかった。田辺三菱製薬の「ステラーラ」を使うと、症状が速やかに改善した。現在は大阪医科大学付属病院(大阪府高槻市)へ通院し、治療を続けている。

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に炎症が生じ、ただれや潰瘍ができる難病だ。下痢や血便などの症状が出て、日本に20万人強の患者がいる。詳しい原因は不明だが、免疫の仕組みがかかわると考えられている。20~40歳代が発症のピークだが、大阪医科大学の中村志郎専門教授は「近年は食生活の欧米化などで子どもや高齢者で患う人も増えている」と話す。

今年に入って、田辺三菱のステラーラが潰瘍性大腸炎向けで使えるようになり、同社の「シンポニー」が在宅の注射で使えるようになった。いずれも抗体を使う医薬品だ。

潰瘍性大腸炎の患者は、まず腸などの炎症を抑える「5―ASA製剤」を使う。これが効かない人はステロイドを使う。これらの薬で6~7割の患者が症状を緩和できる。ステロイドを使うと顔がむくれたり、太りやすくなったりする副作用が出る。症状が改善すれば量を減らすが、途中で再び悪化することがある。この場合は他の免疫を抑える薬を併用する。

ステロイドが効かない中等症から重症の患者は、2010年ごろまでは血液中の顆粒(かりゅう)球や単球などを取り除くか、大腸などを切除していたが、患者の負担は大きい。だが、ここ10年で様々な治療薬が現れ、選択肢が格段に増えた。その代表例が、免疫を活性化して潰瘍の炎症を起こすたんぱく質「TNFα」の働きを阻むTNFα阻害薬だ。

注目記事
次のページ
順番や使い方の模索続く
今こそ始める学び特集