果実酢を作って梅雨撃退 爽やか酸味、紅茶にも合う

NIKKEIプラス1

二宮 英兒撮影
二宮 英兒撮影

これからの蒸し暑い季節に、さっぱりした果実酢を作ってみてはいかがだろう。最近は「飲むお酢」としてさまざまな果実酢が売られているが、自家製なら果物の種類や甘さ調節も自在だ。

果実酢は果物の風味を楽しめる酢。水や炭酸で割って飲んだり、酢の物などの料理に使ったりと、その用途は幅広い。

酸味の強い酢は単体ではなかなか食生活に取り入れにくい。だが、管理栄養士で料理研究家のひろのさおりさんは「やわらかな酸味の果実酢なら使いやすい」と話す。

果物は冷凍品も 氷砂糖がお薦め

作り方は簡単だ。用意するのは果物のほか、酢と砂糖、保存容器など。果物は旬のものはもちろん、冷凍品やドライフルーツも使える。

穀物酢やリンゴ酢など、爽やかな酸味の酢が果物と相性がいい。砂糖は氷砂糖を選ぶと作りやすい。酢のなかの糖度が高まると、浸透圧で果物からエキスが溶け出してくる。「氷砂糖は溶けるスピードが緩やかなので、果物のエキスもゆっくり引き出されておいしくなる」(ひろのさん)。上白糖も使えるが、容器の底に沈んでしまう。その場合は1日1回くらいかき混ぜるといい。

容器は煮沸消毒できるガラスやホーロー製がおすすめだ。ポリプロピレンやポリエチレンでもいい。酢で溶けてしまう場合があるので、金属製のふたの容器は避けよう。煮沸するときは、いきなり熱湯に入れないこと。沸騰して5分ほどしたら、トングなどで清潔なふきんの上に取り出し乾かすのがポイントだ。

果物と酢、砂糖はどんなバランスがいいのか。ひろのさんは「重さの比率は1対1対1が標準」と話す。甘さ控えめで酸味を出したい人には「2対3対1.5がおすすめ」という。

果物は液にすべて漬かるように入れたい。イチゴやブルーベリーなど小さい果物はそのままの大きさで、オレンジなど大きめのものは輪切りやザク切りにする。ただ、小さく切り過ぎると果肉が崩れてしまう。大きすぎても酢に漬からない部分が出るため、切り方には注意しよう。

異なる果物の配合や、ハーブ、紅茶などを加えて漬け込むのもありだ。ミツカン・メニューコミュニケーション課の前田理紗さんのおすすめはオレンジと紅茶のティーバッグの組み合わせ。「グレープフルーツにショウガと赤唐辛子を合わせたり、バナナと黒酢、黒糖などを組み合わせたりしてもおいしい」と話す。

注目記事
次のページ
果肉は取り出し ジャム作る手も