「私はコロナ感染者でないのに」 なぜデマは広がる?

NIKKEIプラス1

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。デマが拡散し、打撃を受けた人も
新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。デマが拡散し、打撃を受けた人も

コロナ禍を機にSNSなどでデマが飛び交う。記者は小学生だった1973年の石油危機時に大人がトイレ紙を求めて列をなしたのを覚えている。なぜ人々はデマに踊らされるのか。

静岡市のねじメーカー「興津(おきつ)螺旋(らせん)」の柿沢宏一社長は2月末、自分が新型コロナウイルスに感染しているというニセ情報がネット上で拡散していることに気づいた。全くの事実無根。柿沢さんは自身のツイッターで否定するメッセージを発信したが収まらず、顧客との打ち合わせをキャンセルするなど行動を自粛せざるを得なかった。

コロナウイルスに感染したとのニセ情報が拡散された柿沢宏一さんは、ツイッターで感染を否定した=一部画像処理しています

発端は2月に集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」だ。下船した静岡市の男性が感染したとの情報から、柿沢氏が疑われたのだ。同社にも「お宅の社長がウイルスをばらまいている」との嫌がらせ電話が相次いだ。「ニセ情報が知らぬ間に広がるのは本当に怖かった」と同社の担当者は話す。

なぜデマや流言が起こるのか。米国の心理学者オルポートとポストマンが発見した「噂の法則」では、流言の量は「i(重要性)」×「a(曖昧さ)」の積で決まるという。「多くの人が同じことに関心を寄せる社会的な危機の際にデマが広がりやすい」と中央大学の松田美佐教授(メディア論)は説明する。

最近はスマートフォンやSNSの普及でより拡散しやすくなっている。情報をツイートやリツイートする人は善意で発信しているのかもしれないが、不安をあおる結果を招きかねない。「情報を『シェアすることはいいこと』と安易に考えるのは怖い。情報を『正しい』と早合点して転送するのは慎むべき」(松田教授)

大阪電気通信大学の小森政嗣教授(情報学)らの研究によると、SNSで多くのフォロワーがいる「ハブ(中核)」的な人は「恐怖」が強く感じられる情報を拡散させやすいことが分かった。共同執筆者の慶応大学の平石界教授(社会心理学)は「ハブ的な人は情報が真実か、厳格な検証が求められる」という。受け手も出所を確かめもせずに反射的に反応するのは禁物だ。

ただ、トイレ紙のように最初は単なる噂にすぎなかったのが、多くの人が買い占めで品薄になると予測し、同じような危機回避行動を取ったためにウソが現実化することがしばしばある。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
日ごろの備えで動じぬ心
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント