在宅で熱中、精巧ペーパークラフト 無料図面も充実

NIKKEIプラス1

紙宇宙のスタッフに作ってもらったコーギー
紙宇宙のスタッフに作ってもらったコーギー

紙が動物や乗り物に変身するペーパークラフト。精巧なデザインには驚かされる。近年は若手作家も増えており、家で過ごす時間の多い今、注目度も上昇中だ。奥深い世界を体感した。

興味を持ったのは知人の体験談がきっかけだ。新型コロナウイルス感染拡大で外出できない休日、子どもと作ったら、リアルな出来栄えに驚いたとか。挑戦したくなった。

まずは基本から。「切る、折る、貼る、組み立てる。4つの作業の組み合わせで形を作ります。分解すれば紙に戻るともいえます」。日本ペーパークラフト協会事務局長で、紙立体製品の紙宇宙(東京・新宿)社長を務める楠田信太郎さんに教わる。

紙を使う造形の歴史は古いが、我々が目にするペーパークラフトは印刷文化が定着した戦後広がったという。少年少女向け雑誌の付録で人気を集め、今も販促ツールやアニメ・漫画とのコラボグッズなど幅広く活用されている。実在の建築物を再現した巨大模型やアート作品も多い。

見るだけでもワクワクするが、やはり作ってみたい。楠田さんにはプリンターのメーカーなどがウェブサイトで無料公開する「展開図」を薦められた。好みの図面をダウンロードして印刷すれば準備完了。厚手の紙を使えば丈夫に仕上がる。最適な紙の種類を紹介するサイトまである。紙選びに悩むときは普通のコピー用紙でもいいそうだ。

用意する道具はカッターナイフ、定規、机を傷つけないカッティングマットなど。楠田さんは「接着剤は木工用がお薦め。折る部分はつまようじやインク切れのボールペンで切る前に折り筋を付けておくと、後の作業がスムーズ」と助言。スタッフの方が実際の工程を見せてくれた。

ペーパークラフトを手掛ける紙宇宙のスタッフに作ってもらった=三浦秀行撮影

早速、キヤノンのサイト「クリエイティブパーク」で図面を探した。20年以上の歴史があり素材の掲載数は4千超。ペーパークラフトに絞っても、子どもが楽しめるシンプルなデザインから、大人でも数時間かかる精密なものまで多彩だ。目移りする。

聞けば外出自粛も影響してかダウンロード数が急増し、4月は前年の2.2倍に達したそうだ。最近の人気ベスト3は「手乗りハリネズミ」「寿司(すし)クラフト01」「柴犬(しばいぬ)」。手始めに3つとも作ってみた。最初は線に沿って切るのすらままならない。曲線は紙を動かしながらと言われたが、力が入りすぎて失敗。細かいパーツはうまく曲がらず、のりしろから接着剤がはみ出る。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
展覧会・サイトで公開も
エンタメ!連載記事一覧